ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?

あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


第三次 発音矯正に挑む(第二次発音矯正の“卒論”音源付き)

大人になってから語学を始める場合、

「発音」が非常に高い壁になっているという方は、案外多いのではないだろうか?

 

言わずもがな、私もその一人である。

今までも何度も登場したため、多くの方がご存じだが、

発音を苦に、中国語をあきらめようと思ったことも数知れず…。

 ・実は最近、中国語をあきらめようかと思っていた話

 

もちろん、言語はあくまでコミュニケーションのツールに過ぎず

発音はそのツールの一部分にしか過ぎない。

そのため発音がネイティブのようでも、内容がスカスカであれば、

それはそれで、また問題ありである。

 

とはいえ、「発音は外見と同じ」と言われることもあり、

いくらいい内容を述べても、それが相手に届かなければ結局は意味がない。

 

ただ発音のレベルアップを図ると言っても、

相手に通じればいいのか、それともニュースキャスター並みのレベルまで求めるのか

本人が発音のレベルをどこまで求めるかによって、おのずと結果も変わってくる。

 

少し成長できたかな、と思っていると

先日、誰よりも厳しい発音チェッカーである主人からの一言。

「音声を消して、口の動きだけ見ていると(=口話法)、音を追いきれない。

つまりまだ発音が違うってこと!」。

 口話(こうわ)とは、「聴覚障害者(ろう者)」が、「健聴者(口頭会話者)」の口の動きを読み取り、ろう者が表現したい言葉を「発話(口の形と音声)」で表す、特殊な技術の事。いわゆる「読唇術」の一種である。

 ろう学校などで言語聴覚士との訓練で習得する。音の聞こえないろう者にとって、口の形や動きを真似する事はできても、「音声」を正確に表現する事は至難の技であるため苦手なろう者も多い。

 逆に言えば、口話が得意なろう者は尊敬の眼差しで見られる事もある。

 口話教育自体が、「手話が苦手な「健聴者(口頭会話者)」とのコミュニケーションを重要視したものであり差別的との意見もある。

 しかし、通常両手を合わせた10本の指だけでの手話では、語彙が足りなくなる(同じかたちの手話が存在する)ため、「目線」や「顔の表情」、「口の中型(口話)」て表現を補い、スムーズに「言葉(手話)」を伝えるために必要とする、ろう者達の声もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%A9%B1

 

「本当にキレイな中国語を目指すなら、もう一度ピンインレベルから再学習すべし!」

と言われ、少し考える時間をもらっていた。

私の目指すところは、やはりネイティブと間違われるぐらいの発音を目指したい。

となると、第三次発音矯正に取り組むしかない。

 

ただ、ここで一旦区切りをつけておいた方が、気持ち的にも第三次発音矯正に

気持ちよく取り組めるのではと思い、卒業論文ではないが、

今のレベルを刻んでおくことにしたい。

 

こちらは以前のイベント『ビデオを使って音読練習』で取り上げた作品である。 

 ・【イベント告知】ビデオを使って音読練習 ←両日 満員御礼!

 ・中国語同志が傍にいてくれるって、本当にありがたい!

 

音読(と言っても、ほぼ暗唱であるが)教材は湯唯さん主演の映画《命中注定》より

【ケンカのシーン】

 

【自虐のシーン】

 

【アドバイスのシーン】

 

そして第三次発音矯正に向かう前に、襟を正すような動画を発見。

言語の発音を愛する人&発音トレーナー だいじろー先生。

さまざまな言語を、耳コピだけで再現していく動画を多くアップされている。 


【発音良くしたい人は絶対見て】発音学習におけるメンタルブロックについて語ります

 

だいじろー先生がおっしゃる、発音学習におけるメンタルブロックについては

全く同感である。

 

というのも、発音矯正で少し進歩が感じられたとき、

主人や周りの中国語ネイティブと同じしぐさや、体の揺れ方。

さらには(実際にはネイティブもそれほど飛んではいないが)唾の飛び方も

似てきたような気がする、と思ったときがあった。

 

最近また時として照れが入ってしまうこともあり、少し練習に甘さが入ると

再び日本人ポイ発音に戻ってしまったようにも感じる。

だいじろー先生のおっしゃる通り、メンタルブロックを取り除き、

第三次に、ひたむきに向かい合いたいと思う。

f:id:chachan-china:20200917171721p:plain

daijiro.jp

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。