ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


上海(周辺)のお土産、届きました

普段は子供をこども園に送り届けた後、主人の会社までの途中にある地下鉄の駅まで、

ついでに乗せていってもらっている。

しかし先日13日水曜日から、主人は出張で上海へ。

そのためこの数日間の朝は非常にバタバタした。

 

7時過ぎに子供と一緒に家を出て、徒歩でこども園へ。

7時20分ごろ到着し、コートを脱がせ、靴を履きかえ、鞄をロッカーにしまい、先生の元へ。

軽く挨拶をして7時半頃こども園を出て、シェア自転車に乗りバス停へ急ぐ。

f:id:chachan-china:20190317213314j:plain

待つこと10分。やっと来た目的の路線バスに飛び乗る。

日本の通勤ラッシュもすごいが、こちらも負けていない。

「次の便、10分待てば来る! それ以上乗り込むようなら、運転しない!」と運転手が乗車拒否。

それでも「こっちだって仕事がかかってるんだ!」と言わんばかりに、みんなで乗り込む。

 

日本と違い舗装されていない道も通過するため、上下左右に大きく揺れる。

それでも手すりがなくてもお互いが支え合い大丈夫なほど、車内は込み合っていた。

揺られること40分。やっと撮影ができるまで乗客が減った。

f:id:chachan-china:20190317214224j:plain 

バスに立ったまま揺られること約1時間、やっと目的地に到着。

これだけでおそらく朝ご飯のカロリーは消費していると確信する。

 

そんな3日間を過ごし4日目土曜日。我が子と1日デートをし、疲れ切った深夜。

主人が出張から、たくさんのお土産と共に帰ってきてくれた。

 


 

まずは私達夫婦が恋愛中によく行った「振鼎鸡」。

(その頃私は上海で会社務め。週末遊びに来てくれた時によく言ったレストラン)

f:id:chachan-china:20190317215212j:plain

ポン酢よりも酸味を抑えた醤油ベースに、刻み生姜がたっぷり入ったタレでいただく。

お肉が柔らかく、脂身もあるがしつこくない。

f:id:chachan-china:20190317215300j:plain f:id:chachan-china:20190317215303j:plain

 

そして次のお土産は、左側「清浦菜」と右側「青团」。

f:id:chachan-china:20190317215702j:plain

 

「清浦菜」は主人も“何かわからず興味本位で買った”との事。

パッケージの写真からは、お漬物のようなイメージをいだくが、果たしてどうなのか?

(後日食したら、またレポートします)

 

そして「青团」は草団子のような感じである。中身は卵の黄身と田麩(左)と胡麻(右)

f:id:chachan-china:20190317220419j:plain f:id:chachan-china:20190317220358j:plain

胡麻味はだいたいの味が予測できるので、味の予測がしづらい「卵の黄身と田麩」を

早速いただいてみた。

f:id:chachan-china:20190317220636j:plain f:id:chachan-china:20190317220644j:plain

卵の黄身は月餅などにもよく入っているので予測はつくが、 田麩とのコラボがどうも…。

おそらく田麩がない方が、美味しいと思われる。

 

さらには私が好きな「粽子」という、ちまきも一緒に買ってきてくれた。

f:id:chachan-china:20190317221540j:plain f:id:chachan-china:20190317221547j:plain

左側が「卵の黄身と豚肉」、右側が「豚肉」が中身のようだ。

中国のちまきは主食であり、同じように餅米を使用するがついてお餅にしたりはしない。

竹の葉にもち米と具を入れ、包んだ茹でる。(※地域により特色があり、色んな作り方がある)



こちらは保存がきくので一気に食べるのはもったいないと、また後日のお目見えに

することにした。

 

上海で3年間生活していたとはいえ、離れて約4年が過ぎた。

きっと街も様変わりしているのだろうと思いながら、上海の味をいただいた。

 

最後に出張で忙しい合間をぬって、お土産を買ってきてくれた主人。

出張お疲れ様でした。気持ちは十分受け取りました。ありがとう! 

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。