ちゃーちゃん@中国瀋陽

オンライン中国語講師、「発音を見える化する」発音トレーナー

◆スポンサーリンク◆


【食べ物紹介】原汁炖牛肉(牛肉の煮込み)22元

瀋陽はここ最近、割と寒い日が続き、気温は氷点下10度を下回る。

そうなると、体が生命の危機を察知するのか、カロリーの高いものを食したくなる。

 

今日ご紹介するのは、瀋陽人のソールフード「原汁炖牛肉」。

名の通り牛肉を時間をかけて、ゆっくりと煮込んだものである。

牛肉は程よい歯ごたえを残しつつ、臭みもなく、思わず顔がほころぶ。

 

まず「原汁炖牛肉」22元(≒350円)をご覧いただこう。

f:id:chachan-china:20201215093727j:plain

f:id:chachan-china:20201215000842j:plainf:id:chachan-china:20201215000759j:plain

 

牛肉は「瘦肉(=脂身少なめ)」と「肥肉(=脂身多め)」から選べ、

ご飯は手前が1元の普通盛り、奥が2元の大盛りである。

 

お店のメニューは、牛肉とご飯がバラバラに記載されている。

ご飯の量に合わせ、値段を別記載している。

 

牛肉のスープは、お代わり自由。

「スープだけでも、ご飯1杯いただけます!」と言えるぐらい、

口の中で何重にも広がるほどのコクがあり、それでいて思っているより

脂っこくなくいただけるスープである。

 

パクチーは後乗せのため、苦手な方はなしでもいいが

脂っこさをかき消してくれるため、パクチーが食べられる方はぜひオススメしたい。

 

各テーブルには、ニンニクが置かれており、こちらは無料。

唐辛子で「辛」と食しても、黒酢を足してさっぱり食するのも、どちらも悪くない。

f:id:chachan-china:20201215001738j:plain

 

ちなみにこのレストランのメニューは、この「原汁炖牛肉」一択。

(ビールのあてのような「拌素鸡」など、数種類ほど小皿料理があるだけ)

f:id:chachan-china:20201215093508j:plain

f:id:chachan-china:20201215094609j:plain

 

ファーストフード並みの回転率で

来店してはガツガツと食らい、食べ終わるとそそくさと帰っていく。

店内はストーブはあるものの、殺風景で中国の大学の学食のようで、

さらに最近になるまで現金のみの支払いだったほど、昔ながらの“食堂”である

f:id:chachan-china:20201215002604j:plain

f:id:chachan-china:20201215094522j:plain
 

瀋陽にお越しの際は、ぜひこのソールフードをご賞味いただきたいと思う。

f:id:chachan-china:20201215002651j:plain