ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


【食べ物紹介】北京烤鸭(北京ダック)69元

国慶節の7連休も、残すところ今日と明日のみ。

瀋陽から離れずにかなりゆっくり過ごし、日頃の寝不足を解消したりできた。

 

さて、本日は主人の熱い要望に応え、近所にある「鴨舎菜館」というレストランへ。

f:id:chachan-china:20191006181227j:plain


それほど大きなレストランではないものの、幼児用の椅子や食器類を用意してあり

また机と机の間隔も、かなり広く取ってあるため非常に過ごしやすい。

 

メニュー1ページ目にも、大きく記されている北京ダック。

f:id:chachan-china:20191006183258j:plain

一匹69元(≒1035円)、半匹49元(≒735円)。

主人の「もう嫌って言う程、食べたい!」という一言で、1匹に決定。

 

家族3人が、北京ダックを目的にレストランに向かったため、

他の料理は北京ダックを待つ間に食べる「五彩大拉皮(=五色ダーラーピー)」のみ。

f:id:chachan-china:20191006182221j:plain

春雨のような味だが、太さは指2本分、しっかり厚みもあり

ゴマダレの中に、ピリ辛さもあり、ツルッのど越し爽快な一品。

ちなみにこちらは東北料理。食べる時は豪快に混ぜていただく料理である。

 

この「五彩大拉皮」を食べながら、待つこと約15分。

運ばれてきた、本日のメイン「北京烤鸭(=北京ダック)」。


北京ダック(鴨舎菜館 in瀋陽)

 

切り分けられた北京ダック、こちらが半匹分。

f:id:chachan-china:20191006185929j:plain

 

そして、一番価値があるとされる「皮」の部分。

f:id:chachan-china:20191006185935j:plain

 

それをパテに巻いていただく。

「正しい巻き方」というのがあり、見た目もキレイで、タレも落ちない。

その解説は、下記の動画の1分13秒頃から。


这里的烤鸭名气大过全聚德 星级亲手教你北京烤鸭的正确吃法

 

骨の部分は北京ダックスープにしてもらい、美味しくいただいた。

 

北京留学当時、とにかく貧乏学生だった私は、

期末テストが終わると仲間15人ほどで、1匹食べるというのが楽しみだった。

あの時のおいしさと言ったらなかった。

久方ぶりに北京ダックをいただいた。

今日も確かに“おいしく”はあったのだが、何かが足りない、そんな気がした。

北京ではなく、瀋陽だったから、だろうか…(笑)。

 

最後に、CCTVのドキュメンタリーがあったので、そちらの紹介をしておきたいと思う。

中国語も非常に聞き取りやすいので、北京ダックの世界をぜひ身近に感じていただきたい。

やはり、素人の動画とは全く違う…(笑)


《中华老字号》全聚德·招牌 | CCTV纪录

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。