ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


「中国の対日感情が大幅改善 良い印象が4割突破」について思うこと

日本の民間非営利団体「言論NPO」(工藤泰志代表)と中国国際出版集団は11日、東京都内で記者会見し、共同世論調査の結果を発表した。相手国に「良い」「どちらかといえば良い」との印象を持つ中国人は42・2%(前年比10・7ポイント増)と大幅に上昇。日本に「良い」印象を持つ中国人が4割を超えるのは、2005年の調査開始以来初めてという。

 

実際昨年ごろから瀋陽でも、街の至る所に積極的に日本旅行の広告が掲げられたり、

日系企業の広告が公共バスに印刷されたりと、対日感情が改善しているのが分かる。

 f:id:chachan-china:20181012093845j:plain f:id:chachan-china:20181012093843j:plain

 

もちろん対日感情が良ければ、中国で生活する私たちは過ごしやすい。 

特に2004年頃から約10年程は反日感情が強く、身の危険から日本人ということを

隠したこともあった。そのため、この結果はもちろん嬉しいことだが、

数値だけを見て一喜一憂し、判断するというのは違うと思う。

 

そこで今日はこの報道を受け、私の考えを述べてみたい。

 


 

中国改革開放宣言から、21世紀高度経済成長初期のに入るまでは、

中国人の「日本崇拝」感情があったのは、正直否めない。

しかし2000年に入り日本経済の停滞、尖閣諸島問題、中国経済の成長等経験した今、

中国で「日本人」と言っても、「えぇ!? そうなんですか! スゴイ!!」という様な

過剰の反応もなく、ごくごく普通。「無反応」と言う方が8割ぐらいを占める。

(もちろん外国人が少ない地域に行く話でなく、上海や北京と言う都市での場合)

 

私の中では中国人の対日感情は、「ここ数十年ほぼ変化なし」だと思っている。

それでは、なにが変化したのだろうか?

なにが対日感情「良い印象」が4割を超えるきっかけになったのだろうか?

 

それは、ずばり中国を取り巻く環境と中国政府の方向性だと思っている。

メディアの取り上げ方も、影響を受けていることを忘れてはならない。

 

今回の米中貿易戦争で、風向きが大きく変わり始めた中国。

そのため日本との関係性を今まで以上に強くしたいがために、国をもって動き始めた。

ご存じの通り、中国は一党独裁制である。国=政府が一気に日本寄りに舵をきった。

そのため中国共産党中央委員会の機関紙、つまり政府の機関紙である人民日報や、

国営テレビ局CCTVで、一気に“日本びいき”のニュースが報じられるようになった。

 

結果、中国で対日感情において「良い印象」「日本を好き」と言ってもいい環境や、

条件、バックグラウンドが整い始めたということである。言い換えれば

「良い印象と言っても、面倒な事に巻き込まれない状況になった」と言うべきだろう。

  

以前は日本に良い印象を抱いていても、感情を表に出すことで弊害が生じた。

それは時に人間関係に、時に就職や出世に、至っては人格にさえもだ。

そんなリスクが高すぎる状況下では、誰だって「好き」とは表現できず、

右に倣えで「日本なんて嫌いだ」と言うことで、自らを、そして家族を守ってきた。

 

心底日本のことが嫌いであれば、なぜ中国人旅行者が年々増加しているのだろう?

代理購入、ネットショッピング 等で、なぜあれほど日本製品が溢れているのだろう?

トヨタや日産、マツダを始め日本車が街で多く見かけるのはなぜだろう?

 

今まで、特に20世紀の両国を取り巻く歴史を、私たちは決して忘れてはいけない。

しかしそれだけに縛られるのではなく、1対1の人間として付き合ってければと思う。

 

今回なぜ日本と中国のトップが、このような記事を発表したのか?

数字だけ、報道だけにとらわれていては本当の中国が見えない、そう思ってやまない。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。