ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


デリケートな問題について考えてみる

いつも興味深い内容のブログは発信しておられる、うーやんさん。

そんなうーやんさんがSK-ⅡのCMを用い、結婚に対する中華圏の一般的な考え方を

ご紹介してくださっています。

 

うーやんさんのブログ記事でも取り上げられている、CMはこちら。


SK-II: 婚活マーケットを乗っ取ろう

 

個々のメイキング画像もYoutube

SK-II - interview about the Marriage Market Takeover』

で検索をするとみられますよラブラブ

ちゃんとした日本語字幕も設定で出ますし、

国語学習者の方は聞き取りやすい中国語&内容かと思いますグッド!

この投稿を拝見したときに、最近ちょうど主人とも結婚や家族について

話したところでしたので、今日はこのことについて少し私の意見を話したいと思います。

 

※以下の記事は、結婚、妊娠出産関連、性別というような敏感な内容を含みます。

f:id:chachan-china:20190814100934j:plain

 


 

ご存じの通り、主人は中国人。

しかも家族に関しては、かなり“伝統的”な考え方を持っているため

私との考え方に「水と油」の時が、たまにある。

 

我が子は片手で年齢が数えられる程、まだまだ幼い。

それでも主人は、今から「孫」の心配をすることがある。

孫の心配をするということは、我が子が結婚するということが前提だ。

 

いやいやいや。

「結婚したい」という意見と同じぐらい、「結婚したくない」という意見も

あっていいと思うと伝えてみても、「結婚して子供がいて一人前」という

中国(アジアと言ってもいいかもしれないが)の伝統的な考えから、

離れられないようである。

 

主人だけが何も特殊ではない。

義弟夫婦は、結婚後約10年間不妊に悩んでいた。

奥さんの実母さんはそんな状況を見て、「女は子供が産めて一人前。子供が産めなかったら

あんたは私の子供ではない!」と、言い続けていたそうだ。

 

幸いミンミンが、義弟夫婦の元に来てくれることになり

この話は「過去の話」になったが、以前彼女が心のうちを話してくれ、最後に

「嫂子(=私のこと)が第二子を出産したら養子縁組をしてほしい。あるいは

これからの教育費を全て支払うので、我が子を4人(私達夫婦と義弟夫婦)の

子供として育て、私たちの職業(医者)を引き継いでほしい」と相談されたときは、

正直天と地がひっくり返るかと思うほど、衝撃を受けたことを覚えている。

 

我が子は我が子だし、なにより我が子の意思とは関係なく、

勝手に我が子の道を決められることに強い怒りを覚え、主人に訴えたことがあった。

「気持ちは分かるけど、『我们是一家人嘛(=家族でしょ)』」という一言で終わり、

幼い我が子を抱え、逃げ出そうかと思ったこともあった。

(今は生活を共にする中で、私の考えも理解してくれるようになった)

 

ミンミンの誕生により、この「家業を継ぐ問題」の風向きは一気に変わったが、

「医者ほど素晴らしい職業はない」と言う義弟夫婦の前に、

ミンミンは医者以外の職業選択の自由はなく、

医師が彼の進みたい道であることを、伯母は傍から祈るばかりである。

 

話しが少し逸れたので、結婚の話に戻そう。

 

結婚観、家族観が変わってきたとはいえ、まだまだ伝統的な考え方が根強い。

しかも現在結婚適齢期を迎えている若者たちは、一人っ子政策の影響で

ほどんどの家庭が一人息子、あるいは一人娘のため、両親の期待、そして失望が

一人の肩に全てかかってしまう。

両親が開放的であったとしても、親戚のしがらみ、社会の目から逃れられることはまずない。

 

中国では「家族の中での役割」が非常に重視される気がする。

その役割の責任と義務を果たす必要がある。

長男であれば、みんなをまとめ指揮をとらなければならないし、

長男の嫁であれば、みんなのことをフォローしなければならない。

 

家族の中の「子供」はいずれ、結婚をして、子供を産み、「親」へと

脱皮しなければならないという、責任と義務があるのだと思う。

 

幸せの形は決して唯一ではなく、またみな同じでもない。

親の希望に操られるのではなく、自分の道をしっかり歩けることが幸せと思える人も、

親の「結婚してほしい」という希望を叶えられることも、

また一つの幸せという考えがあってよい。

 

ただどんなことであっても、どんな方法であっても、自分自身が幸せと思える生き方が

できることを願うばかりである。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。