ちゃーちゃん@中国瀋陽

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?

あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


@瀋陽

今年2020年。

本来ならば東京オリンピックが開催され、

今頃は「心に残ったあのシーン」というような特番が、おそらく組まれていたはずだ。

 

我が家も新型コロナウイルスにより引っ掻き回され、押し寄せる怒りと不安に、

「これらも受け入れなければ」と、深呼吸をする日々を過ごした。

関連記事

 

いろんなことがあったからこそ

ここにきて、私が瀋陽にいる意味は何だろうと考える。

 

きっかけは、ある方の瀋陽訪問記を拝見し

 「空気が悪い」

 「ごみの分別がまだまだだ」

 「出される料理の量がとにかく多い。食品ロスの問題が、全く解決されていない」

という“客観的”なご意見に、

少々(いや内心とても)、怒りにも似た不快感を感じている自分に気づいた。

 

6年前に上海から引っ越してきたときは

「あぁ…、こりゃぁ、なかなか大変なところに来たぞ」と

北京の留学時代や上海の就職時代では、経験できなかった中国を肌で体験し、

ショックを受けた頃が懐かしいほど、今は『住めば都』なのである。

関連記事

 

2018年7月にJETROが発表したデータによると、

瀋陽市の在留邦人数は677人(2016年10月時点、3か月以上滞在する者)とある。

ちなみに上海は46,000人(2015年)を超えているが、データがどちらも古いため、

今は新型コロナウイルスがなかったとしても、どちらも減少傾向にあるように思う。

 ・『瀋陽市概況』日本貿易振興機構(ジェトロ)大連事務局

 ・(上海)『在日邦人数と日系企業拠点数の移行』

 

 そんな状況の中で、冒頭の問いかけに戻る。

「私が瀋陽にいる意味は何だろう?」

 

このブログを開設したきっかけでもある、

瀋陽在住の日本人女性から見える中国』を、発信したいのだという思いに気づく。

 

 

1日1記事。

何気ない瀋陽の日常を届けたい。

それが私が瀋陽にいる意味なんだと思う。

f:id:chachan-china:20201207162544p:plain 

f:id:chachan-china:20201207162458p:plain

InstagramFacebookは同期投稿していますので、同じ内容がご覧いただけます)