ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


『都挺好(=All IS WELL)』のドラマから、これからの生活を想像する

8月6日にFacebookで、『都挺好(=All IS WELL)』の視聴開始の投稿をしました。

 

蘇明玉を演じる姚晨さん、『非诚勿扰2』の時からのファン。

少し話は逸れますが、私はこういう強い感じの女性のお顔が好きなんです。

他には(余計なお世話ですが、整形前の)『色・戒』の頃の湯唯さんや馬伊琍さん。

 

また長男、蘇明哲を演じる高鑫さんは、『情深深雨蒙蒙』の陸爾豪。

あの頃の線の細い青年から、少し肉付きも良くなった中年に見事に変身。

f:id:chachan-china:20190818210152p:plain

この『都挺好』は、今年2019年3月1日から浙江TV、蘇州TVを皮切りに放映され

大きな話題を振りまいた作品で、今はYoutubeでもご覧いただけます。

 

今までも、いろんな方が感想をブログやツイッターなどで発表されており

記事を目にするたびに、ネタバレをしない程度に拝見していました。

そこで本日は私の感想、そして中国社会に関する観点を少し述べてみたいと思います。

f:id:chachan-china:20190820182132j:plain


 

まずドラマ全体の感想として、思わず夜更かしをしてまで見てしまうと言うほど、

趣深く、「一見の価値あり!」と思う作品だった。

特にご両親や、目上の方に対する接し方、話しかける言葉はどれもそのまま使え、

もっと早く見ておくべきだった、と反省した。

実生活で日本人同士なら、“ちょっとわざとらしくない?”と思う程の褒める表現を、

中国では日常的に言葉にし、それをサラッと声掛けに使っている。

例えば近所知り合いのおばさんに、道端で出会ったときは…、

「今日も一段とお若いですね。うわっ、その服とってもキレイで似合ってます!」

というような挨拶が繰り広げられる。

 

主人も例に違わず、聞いているこちらが思わず「ゾクッ」としてしまうような

言葉をご両親にかけている。例えば…

「いやぁ~、このお母さんが作った中華まん、世界一おいしいよ。さすがお母さん!」

「ほら、お父さん髭をそったら若々しい! きっと今日、たくさんの方に

振り向かれ、二度見されるはず!」という具合である。

 

特に母親には「マザコン?」と思うような、発言や行動も多々ある。

ちょうどドラマでは、次男である蘇明成が母親に接するようなシーンが当てはまる。

そういう文化なのだと納得できるようになったのは、

結婚して2周年を迎える頃だったなと、ドラマを見ながらふと思い出したりした。

 

また長男である蘇明哲が、ドラマの中でよく口にする「一家人嘛(=家族でしょ)」という言葉。

家族であるなら、例えば責任追及や金銭関連について、

そこまできっちりする必要がないと言う意味だが、

私からすれば「それまで全部、その一言で終わらせちゃう?」と思うこともあり、

正直少し苦手な言葉である。

 

父親である蘇大强のわがままも、ドラマとして脚色がついている部分もあるが、

「これとよく似たような事柄を、今まで何度も経験してるけど…」と

実体験と重なる部分がたくさんあったことは、ここだけの秘密にしておきたい(苦笑)

 

同時に見終わった後、どうもしっくりこない、

あまりピントの合った納得がいかないという、かなりもやっとした

“宙ぶらりん”の気持ちも隠し切れなかった。

 

(※以下、「透剧(=ネタバレ)」の内容を含みます。)

f:id:chachan-china:20190818212747p:plain

 

その原因とは? 

娘である蘇明玉が衆誠グループの総経理(=社長)の座を辞めてまで

(師匠であるグループ会長は「休職」と言っていましたが、明玉の性格からすれば、

あの席には戻らないと…。)アルツハイマー病になった父親の面倒を見るという設定は、

かなり現実離れしおり、(ほぼ)あり得ないと思ったからだろう…。

 

実際、明玉の父親はドラマの設定では63歳。

平均寿命から考慮すれば、この先15~20年近くの介護生活が待っている。

私自身、曾祖父母の介護の手伝いを、学生時代にそれぞれ数年ずつ経験したが、

ドラマのような「親孝行」とキレイごとでは片付けられない程

いろんな問題が次々に発生し、私も家族も親戚も正直みんな疲れ果てた。

 

それをヘルパーさんや施設は利用せず、明玉と彼氏の二人だけで

面倒を見ると言うのは、正直設定に無理のあるのような気がした。

(そのため介護、老老介護を家庭でほぼ一人でされていらっしゃる方には、

本当に頭が下がる思いです。)

 

だたこれはやはり日本人的な考え方なのか、国内で先進的で大都市という北京であっても、

老人ホームの入居率は悪く、黒字経営なのは4%に過ぎないようである。

 ・北京の高齢者9割以上は自宅で老後 老人ホームの多くは赤字経営--人民網日本語版--人民日報

 

確かに中国は日本以上に、親孝行が重視される。

親孝行の表現方法は形をかえつつあるとはいえ、それでもやはり心のどこかに

「父母在不远游」と言う、「両親が健在の時はすぐに駆けつけられる距離でいること」

という伝統的な考え方が、特に「60後、70後(1960年、1970年代生まれ)」には残っている。

そのため長男の明哲はアメリカに居ることに苦悩し、上海単身赴任の仕事のオファーも

あっさりと受けたところがあるように感じた。

 

同時に、異なる見解も浮かんできた。

中国社会も急激な高齢化社会になり、さらにはその介護を支える世代が一人っ子

という時代が、もうそこまで来ている。

一人っ子政策が実施されていたのが1979年~2015年、つまり今年41歳~4歳)

 

両家の親が同時に介護が必要になる…、親元を離れ大都市で奮闘している…など、

親不孝と思われても老人ホームへ送らざるを得ない状況も、

発生し始めているのではないだろうか?

また仕事やキャリアを理由に、自宅での介護の方をあきらめざるケースも

これから増加してくるのではないだろうか?

さらに生活費や子供の教育費などの支払いのストレスで、介護のため退職したくても

できづらい社会になってきているのではないだろうか?

 ・上海市に養老サービス・プラットフォームが開設--人民網日本語版--人民日報

 

現在、時代の変化と共に考え方も大きな変化を迎えている中国。

このドラマと通して、介護を含む「親孝行」のあり方を

もう一度考えさせようとしたのではないだろうか?

f:id:chachan-china:20190823153930j:plain

 

ここから先は、私の深読みであってほしいという希望もあるが、

このようにドラマになり、“その年代(これから介護が必要とされる)”の方々が

このドラマをご覧になることは、少し危険な香りもするような気がした。

つまりこの話はドラマと分かりつつも、どこかで「我が子も老後は面倒を見てくれるだろう」

「いや、見てくれないのは親不孝」という気持ちを、助長させないか

ハラハラしながら見ている私自身もいた。

 

私の実親が日本代表、義親が中国代表という訳では決してないが、

実親は「もし介護が必要になれば、すぐに老人ホームに入れて欲しい」と言うのに対し、

義親はマイホームを選ぶときも「この部屋があれば、老後が過ごせるし」と

自分たちが「ここ(=長男の家)」で過ごすことが前提だった。

 

中国では老人ホームはあるものの、まだまだ家庭で面倒を見るという意識が高く、

義両親に老人ホームに入居するかどうかを尋ねるのは、非常に失礼にあたると、

主人から釘を刺されている。

(老人ホームに入居している方のドキュメンタリーを見て、「子供の育て方が

悪かったんだな。親不孝な子供だな」と言う言葉を聞き、ご両親の見解と態度を

分かっているつもりである。)

 

主人は長男として「介護のため両親を引き取る」と、必ず申し出るだろうし 

義弟夫婦は医師として、今の子育ても、両家のご両親にお願いする程忙しい時間を

過ごしているため、義両親の介護は私の肩にかかってくるであろう。

老人ホームだけでなく、ヘルパーさんを雇うことにもネガティブなご両親。

中国という異国、異文化で、私はご両親にとって満足のいく介護生活を、

送らせてあげられるのだろうか?

 

中国で出産するときも、大きな覚悟が必要であったが、

それ以上の覚悟をしなければならないなと、ドラマを通し私の置かれている状況を

改めて見つめ直した。

「もっと大きな人間にならなければ。」そう思わざるを得ない、ドラマであった。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。