ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


この季節と言えば…、上海蟹を食らう!

11月といえば、上海でまさに食欲の秋。(瀋陽はすでに冬の足音が聞こえるが・・・)

絶対に見逃せないのが「陽澄湖」の上海蟹

そのまま食べても良し、ショーロンポーもよし、蟹ミソ餡かけもよし。

あの濃厚な蟹ミソ、思い出しただけで白ごはんが食べられそうである。

 

先日なんと、「蟹引換券」を頂戴した。

本来ならば一番おいしい11月に、と思っていたが帰国のため中国不在。

そのため先日蟹パーティを開催した。そこで、今日はぜひそちらをレポートしたい。

 

まずいただいた「蟹引換券」。

f:id:chachan-china:20181016130812j:plain f:id:chachan-china:20181016130756j:plain

中には説明書、上海の本店を含む全国50直営店の連絡先の書かれた案内が入っている。

ちなみに瀋陽には2店舗あるようだ。

受け取り方法は、配送と店舗受け渡しから選べ、電話、ホームページ、Wechatから

注文予約が可能である。

f:id:chachan-china:20181016130954j:plain f:id:chachan-china:20181016131009j:plain

 

こちらが蟹引換券。1198元(≒20500円)

内訳はオス200gが5匹、メス150gが5匹の、合計10匹。

f:id:chachan-china:20181016131225j:plain f:id:chachan-china:20181016131247j:plain

注意書きとして、蟹の一番おいしい時期は10月中旬~11月中旬

配達を希望の場合は、15時までの注文予約で当日発送可能。それ以降は翌日対応。

引換券の有効期限は2019年12月20日。蟹のシーズンは9月中旬~12月中旬とのこと。

 

義両親をはじめ家族はみんな北京に戻ったため、今瀋陽にいるのは主人と息子、私。

3人では10匹の蟹は食べきれないと、小舅(=義母の弟)夫妻をお招きした。

幸い小舅の家の近くに直営店があり、こちらに来る際に引き取りに行ってくださった。

そこで、届いたのがこちら。

f:id:chachan-china:20181016153715j:plain

アイスノンが入り、保冷できる専用バッグ。その中から、まず出てきたのが

f:id:chachan-china:20181016153931j:plain f:id:chachan-china:20181016153940j:plain

はさみ、蟹スプーン、ショウガ茶、紫蘇パック、蟹専用酢。

袋の裏には、調理の仕方が書かれている。

f:id:chachan-china:20181016154402j:plain f:id:chachan-china:20181016154406j:plain

【蒸す】

  • 蟹を一匹ずつ洗い流す。蟹みその流出を防ぐため、腹の方を上に向け蒸し鍋へ。
  • 蟹を蒸す水は冷水で。冷水の中に紫蘇パックを入れると生臭さが消えます。
  • 蒸気が出てから15-20分蒸せば完成。

 

そしてついにお目見えした、本日の主役!

f:id:chachan-china:20181016155300j:plain

写真ではご覧いただきづらいが、こちら10匹すべて生きている。

中には泡を吹き出している蟹も。

注意書きにも書かれているように、もし蟹が死んでいた場合は交換してくれる。

そのぐらい「鮮度が命」なのである。

f:id:chachan-china:20181016155527j:plain f:id:chachan-china:20181016155545j:plain

藁で蟹が暴れないよう、縛られている。容器を開けると、藁のいい香りが辺りに漂う。

最近は藁ではなく、ビニール紐を使うところも増えているのが残念だ。

 

水で洗い流すときもこの藁はほどかずに、そのまま蒸し器に投入。

説明書きの教えを守り、きちんとお腹を上向きに。

f:id:chachan-china:20181016155848j:plain 

蒸気が出てきたところで、さらに15分間。だんだんいい香りが漂ってくる。

f:id:chachan-china:20181016160056j:plain

残すところあと5分。「帰るコール」を受け取っていた主人もちょうど帰宅。

みんなが揃ったところで、完成。早速テーブルへ!

f:id:chachan-china:20181016161121j:plain

 

ちなみに、オスとメスの違いはご存じだろうか?

f:id:chachan-china:20181016161245j:plain f:id:chachan-china:20181016161252j:plain

       (メス)               (オス)

ちなみに中国では「九雌十雄」という言葉があり、旧暦の9月はメス、10月はオスが

美味しいと言われている。今は旧暦9月、メスがおいしいという訳だ。

蟹ミソもたっぷり! 小舅と主人のお酒がススム、ススム。

 

f:id:chachan-china:20181016161930j:plain

我が子もアレルギーを心配し、今まで蟹は避けていたが、初挑戦。

少し取り分けて、まずは脇や太もものあたりの柔らかい部分に触れさせてみる。

問題なし。では思い切って一口。

体の異常は見受けられないどころか、美味しかったのかおねだりまで。

パクパクと蟹ミソや身を食べていく。あぁ。将来酒飲み決定か・・・(笑)

 

みんなが蟹に食らいつき、我が子までさらにおかわりを。

みるみるうちになくなっていく。

蟹の食べ方を紹介しようと思いつつ、食欲に勝てず…。

HISさんが手軽で分かりやすい動画を発表しており、解説はお任せすることにする。



実のところ、上海蟹は日本のズワイガニ、タラバガニのように身を食べるというより、

蟹ミソを食べると言う感覚である。もちろん足にも身はあるが、手間がかかる。

そこで私は「足の身を掻き出すのが面倒うつわ」を用意し、入れてもらうようにする。

次の日、これらをしっかり煮てお出汁を作り、蟹雑炊や蟹ラーメンを作るのが定番。

f:id:chachan-china:20181016163804j:plain

 

これからの季節、ますますおいしくなる上海蟹

もし中国、特に上海にご出張やご旅行でお越しの際は、ぜひ一度お試しあれ! 

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。