ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


中国庶民の住宅環境 ~団地をレポート~

昨日、みなさんのおかげで無事2000PVを達成し、気持ちよく8月が終了。

(みなさん本当にありがとうございました!)

 

さて9月からは更新が週2になり、少し落ち着いて記事が仕上げられる、

と思いきや、カレンダーに目をやると、本日9日1日はなんと土曜日

おぉっと、いきなり更新曜日である(笑)

 

ここ最近は、少し“重め”の記事が続いていたこともあり、

また瀋陽の近況をお伝えしたいと思っていたところ、昨日久しぶりの天高い秋晴れ

瀋陽はもう秋。日中でも25度ぐらいで、朝夕は長袖を羽織っている人もチラホラ)

PM2.5が懸念される中国だが、晴れさえすれば、最近はこんな青空も。

f:id:chachan-china:20180901015326j:plain

台風の影響もあってか最近は曇り空が多く、同じ景色でも曇り空は気持ちも沈みがち。

そう、こういう晴天の日を、私はずっと待ち望んでいたのである。

なぜなら、観光スポットや記念建造物はネット上を検索すれば、写真家あるいは

誰かがすでにもうUPをしてくれており、簡単に情報を得ることができる。

しかし単純に「中国人はいったいどんなところで生活しているのか?」という疑問。

その疑問を解決すべく、本日は「小区(=団地)」の様子をレポートしたいと思う。

 


 

この団地は人専用の出入口が、団地の至る場所に合計5か所ある。

しかし車両はこの大門からのみ。黄色の柵で一台ずつ出入りを管理。

一番奥の赤い屋根の建物は、出入りを管理する警備員室。

手前側の黒い淵が人専用出入口。特別チップの入った鍵をスキャンすると

自動ドアが開閉する。(※写真は左奥ドアがちょうど開くところ)

f:id:chachan-china:20180901034529j:plain

車両は基本、団地内の駐車場に契約した車両のみ進入可能。(タクシーは可)

しかし特別な事情があれば、出入口で登録をすれば2時間までは許可される。

ただ正直「2時間」はあってないような規則。翌日に跨がなければほぼ問題なし。

 

団地のエントランスには、花壇がお出迎え。

f:id:chachan-china:20180901023247j:plain f:id:chachan-china:20180901023311j:plain

 

人口が多い中国 。衣食住の「住」を解決すべく、マンションは高めが多い。

この棟は最上階が18階まである。

f:id:chachan-china:20180901020413j:plain

 

向かいの低いマンションでも、6階建て。

f:id:chachan-china:20180901020552j:plain

雑学として、中国の居住用地(普通住宅用)の土地は中国政府のもので、中国人民は使用権を購入し(=土地使用権譲渡金)、使用しているわけである。

使用権は最高70年となっており、これは城鎮国有土地使用権出譲和転譲暫行条例(1990年5月施行)の第12条に明記されている。

つまり土地使用権の期限が到来した際、分譲マンションの建物部分は購入者の所有物のため、70年後も購入者のものである。

しかし問題の土地使用権は城市房地産管理法(2007年8月改訂)第22条によると、土地使用権の期限到来1年前までに、継続申請できると明記されている。しかも特別な事情がない限り継続申請は承認されるとのこと。

ただし、土地使用の継続申請が承認されると、新たに土地使用権譲渡契約書を締結し、一定の土地使用権譲渡金を再支払しなければならない。万が一継続申請をしない、あるいは継続申請が政府部門に承認されなければ、中国政府が無償で土地を回収するとある。

ただ住宅制度政策の変更(房改)は1978年から約10年の試験期間を得て、1988年から段階的に開始。住宅の市場化が正式に開始したのは1998年である。

そのため土地使用権の問題は、期間が短い商業用地(=40年)や工業用地(=50年)の更新費用が話題になるはずで、普通住宅用が実質的に問題の話題になるのは、まだ先と思われる。

 

生活のあるところにゴミはあり。マンションの出入り口にゴミ箱が設置されている。

日本のようにゴミ出し時間の決まりや、分別する必要もない。

生ごみも、電池も、ペットボトルも、すべて一緒に捨てられる。

ゴミ箱には「可燃物」「不燃物」と書かれてはいるが・・・。

「いつでも何でも、そのままポイ!」回収は、マンション管理会社が対応している。

f:id:chachan-china:20180901021102j:plain

ただペットボトルや瓶、段ボール、時には壊れた家電製品等、ゴミ箱から漁り回収し、

回収業者に売る人たちもいるので、「リサイクル」という意味では問題ない。

f:id:chachan-china:20180901021844j:plain 画像元:收垃圾的 搜索结果_360图片)

ちなみに回収されたペットボトルは2つ1角、つまり20つで1元(=18円)ほどで

回収業者に買い取られる。団地一周すれば1日分の食費ぐらいゆうに稼げる。

私も留学時代は自分が飲んだペットボトルを置いておき、いくらか集まったら

売りに行った。2008年のころは1つ1角、食用油4Lは1元だった。

 

話しを戻し天気が良いと、布団を天日干しする風景も。公共スペースでもお構いなし。

この布団はよくここで見かけるので、どうやら「縄張り」の暗黙の了解があるようだ。

f:id:chachan-china:20180901024921j:plain

 

団地内に、2か所設置されている浄化水の販売機

大きなペットボトルを持参して、専用コインで購入している人をよく見かける。

最近はだんだん「健康=口にするもの」に気を配る人も増加してきた。

そのため浄化水の売り上げは、年々増加傾向にあるようだ。

f:id:chachan-china:20180901024747j:plain

もちろん浄化水を配送してくれるお店もある。

我が家は沸騰水を利用しているが、今後導入を検討中。1桶(18L)約20元~。 

 

お年寄りや子供も多い団地のため、至る所にベンチが準備され、休憩ができる。

f:id:chachan-china:20180901022710j:plain f:id:chachan-china:20180901022733j:plain

ここに集まり井戸端会議をしたり、トランプやマージャン、将棋をしたり。

日中から将棋盤を囲みワイワイ、ガヤガヤ。中国ならではの景色もよく見られる。

夏の夕食時になると、ここで家族や仲間でBBQする強者も。風物詩である。

 

子供用のちょっとした遊び場も。団地の中に2か所設けられている。

f:id:chachan-china:20180901023436j:plain f:id:chachan-china:20180901023605j:plain

 

大人も少し体を動かしたり、ストレッチをしたり。こんな場所も3か所ある。

朝夕は結構多くの人が集まる。ちなみにおばちゃんは休憩中。

f:id:chachan-china:20180901023825j:plain

 

この団地は、このあたりでも特に有名なほど緑化を重視。木漏れ日が心地よい。

f:id:chachan-china:20180901024005j:plain f:id:chachan-china:20180901024118j:plain

 

マンションとマンションの間の道路も整備されている。

f:id:chachan-china:20180901024256j:plain

 

エレベータで屋上階へ。周りの様子もパチリと一枚。

f:id:chachan-china:20180901032545j:plain f:id:chachan-china:20180901032554j:plain

 

ちなみに曇りがちな日なら、こんなにどんよりする。

f:id:chachan-china:20180902091948j:plain f:id:chachan-china:20180902092117j:plain

 

せっかくなので団地の中の写真も、一緒にどうぞ!

この道路を歩いて団地を一周すると約1.2㎞、ジョギングにもピッタリ。

f:id:chachan-china:20180901031339j:plain f:id:chachan-china:20180901032854j:plain

 

また、初冬はこんな感じ。去年は寒い割に雪がかなり少なく生活しやすかった。

f:id:chachan-china:20180901031643j:plain

せっかくなので、もう少しだけ瀋陽の冬について話しておこう。

外気の平均温度はマイナス20度前後、草木も全て凍ってしまう。

タオルを外に干すと、ものの10秒でパリパリに(その画像はまた冬にでも)

f:id:chachan-china:20180901032038j:plain f:id:chachan-china:20180901032049j:plain

室内は「暖气(=オンドル)」と呼ばれる床暖房があるため、26度程で温かい。

そのため暖をとる手段のない上海など南方地域に比べると、部屋の中は快適で、

少し日差しが差し込めば半袖、半ズボンでも過ごせる程である。

暖气に関しては、北京などは毎年11月15日~翌年の3月15日の期間だが

東北地方はさらに寒いため、毎年11月1日~翌年の3月31日である。

すでに冬支度は始まり、現在市政府の窓口にてオンドル代の支払いを受付中。

標準価格は26元(=約500円)/平方mとあるが、それぞれの団地により微妙に異なる。

 

せっかくの機会なので団地の周辺風景も。

f:id:chachan-china:20180901030003j:plain

 

大門を出てすぐのところに、バス停あり。4本の路線を抱える。

また最近景観整備がされ、周辺に流れる川ももずいぶんきれいに整備された。

f:id:chachan-china:20180901033324j:plain f:id:chachan-china:20180901033341j:plain

 

夏の夜、この橋を歩くと気持ち良い。冬はさすがにごめんだが・・・。

 


 

今日は案外知られることにない、庶民の住宅環境について触れてみた。

もしかしたら、ジャッキーチェンさん等の映画の影響で、下記のような

街並みを想像し「ちょっと違った」と思われる方も・・・。

f:id:chachan-china:20180901044945j:plain f:id:chachan-china:20180901045921j:plain

もしそういう方がいらしたら、

「自分が想像している中国とは、少し違うような気がしてきた。

やはり一度行ってみなくちゃ分からないものだ」と思っていただけたなら

それ以上嬉しいことはない。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。