ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


中国語を目指すきっかけとなった「あの一言」

私が中国語を始めたのは、第二言語習得の臨界期仮説の臨界期と言われている25歳を過ぎてからだった。

それでもどうしても中国語を習得したかったわけは、大学4年生の夏休みまで遡る。

f:id:chachan-china:20180806131207j:plain

 

山に若葉が芽吹き、ツバメが行き交う5月。たまたま目にした『日中青年交流会 in大連』の案内。

渡航期間が夏休みとあり、それまで英語圏ばかり目が向いていたが、「海外に行けるなら中国でもいいや」と軽い気持ちで応募。

論文と面接試験が実施され、運よく合格通知を手にした。

 

2000年8月、初めて降り立った中国。

それまで教科書と、テレビでしか知らなかった中国。

「まだまだ発展途上国でしょ」と見下していた中国。 


いまだ多くの外国人が「日本=SAMURAI、HARAKIRI」と時代錯誤のイメージをもっているように、当時の私にとって「中国=辮髪、残留孤児、人民服」だった。

f:id:chachan-china:20180806131640j:plain

 

1978年に高らかに宣言された改革解放宣言を受け、

時代はちょうどイケイケ、ドンドンの高度経済成長期。

超高層ビル、建設ラッシュを目の前に、私が想像していた中国との違いに打ちのめされ、

自分の無知さに崩れ落ちそうになった。

f:id:chachan-china:20180806162106j:plain

 

そんな私にさらに追い打ちをかけたのが、日中青年交流会に参加していた中国側の大学生たち。

参加学生の多くは日本語学科、そして少数の英語学科の専攻だった。

当時の私は中国語は全く話せず、彼らとは日本語と英語で交流した。

 

日本語学科の彼らは、もちろん日本には行ったことがない。

さらに約20年近く前の中国。今と違い、ネットもまだまだ普及していないような時代。習得は教科書からという彼らの日本語。

日本人相手に流暢な日本語で意見を述べ、ディベートでは日本人学生を理路整然とした日本語で追い詰めていく。

 

3日目、最終日、グループディスカッション。

テーマは「戦争」

さすがに重苦しい空気が流れる中、同い年の女子学生が放ったあの一言。

 

「60年前、中国と日本は戦争をしてよかったと思います。なぜならあの時戦争をしていなければ、私とあなたはこの交流会ではなく、戦場で会っていたかもしれないから。ここであなたに出会えて、本当に良かったです。」

 

その時最前列で聞いていた私は、

瞬きさえもできず、立ちつくし、彼女をただただ見つめることしかできなかった。

 

同い年の彼女、しかも中国側からそんな意見が出るなんて。

今思い出しただけでも、うまく言い表せないこの感情。

 

 

この国はこれから伸びると思った。

こんな人財がいるのだから。

彼女を、彼女の国をもっと知りたいと、心から思った。

 

 

書店には今も昔も、たくさんの中国関連書籍が並ぶ。

でも翻訳されたもの、誰かが書いたものは、翻訳者、あるいは作家のカラーがついて客観的ではない。

色もついていない、偏見もない、そのままの中国を知りたい。

そのためには、自分の目で、自分の足で、自分の言葉で中国に向き合うしかない。

 

「中国語!」

中国語を勉強しよう。そしていつか自分の中国語で、この中国を感じたい。

 

この思いがいつも胸の奥にあり、今日までこの炎が消えることなく、中国語の道を一歩一歩と歩んできた。

 

その後彼女たちとは、帰国後一通ずつ手紙のやり取りし、連絡が途絶えてしまった。

今思えば、当時まだまだ発展途上の中国郵便事情、無事に届かなかったのだと思う。

 

将来は社長になって、社会を良くしたいと笑顔で夢を語った彼女。

今もこの空の下のどこかで、きっとがんばっているはずだ。

もしどこかで彼女に出会えたならば、伝えたい言葉がある。

 

「あの日、あの場所で、あなたに会えて良かった。だって今の私の原点だから。

中国と関われている私は、とても幸せ者。ありがとう!」

 

もちろん、この言葉を伝えるために心血を注いだ「私の」中国語で!

 

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。