ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


バス通勤よりも早いもの、とは…

本日午後、大切なお約束があり「12時になればすぐにプロジェクト本部から飛び出そう!」

と思っていたところ、ボスから急にヘビーパスを受け取る。

 

「帰りに〇〇会社によって、お客さんから書類を受け取って。月曜朝一で使うから」

 

えぇ!!

その会社、帰りのバスの路線外ですが・・・

 

急ぐ気持ちを抑え、「高德地图(=高徳地図)」というナビシステムのアプリを開く。

f:id:chachan-china:20190419160429j:plain f:id:chachan-china:20190419160420j:plain

 

「ん? バス(画像左)より、自転車(画像右)の方が早い…⁉」

 

確かにほとんどのバス路線は、瀋陽の街中をかなり大回りをする。

自家用車で30分ほどで到着するところ、バスだと1時間は必要だったりする。

バスは市民の足。運賃がエアコン付き2元(≒32円)、エアコンなし1元(≒16円)だから

仕方がない話だ。

それに引き替え自転車は、いわば直行便。

にしても、10分差は非常に大きい。迷わず自転車を選択。

 

その自転車というのは、今アリペイ社がバックについているシェアサイクル。

その名も、「哈啰单车(=Hellobike)」。

街中で「ちょっとそこまで」という時に、非常に役に立つ。

 

ちなみにお値段は先日4月15日から価格調整され、現在1回15分につき1元。

しかし回数券や定期券(月決済20元、3か月決済60元)などもあり、さらには

割引クーポンなどもあり、 ライフスタイルにあわせ上手く利用すれば、

非常にお手頃な価格である。

f:id:chachan-china:20190419163449j:plain

 

私も定期券を購入しており、基本いくら乗車しても定額である。

(※地域により値段に多少の前後があります。また定期券も1度の乗車は2時間までが無料などという、細かい規定が設けられています。)

 

そのシェア自転車が、こちら。

f:id:chachan-china:20190419161858j:plain

 

さらに今年から、電動自転車タイプも導入された。こちらは1回15分につき2元。

(先ほどの定期券では乗車できません。)

f:id:chachan-china:20190419162214j:plain

以前一度だけ試しで乗車してみた。楽は楽であるが結構なスピードが出るため

交通量の多い場所では少し危険な気がした。ちなみにこちらの定期は月決算60元。

f:id:chachan-china:20190419164009j:plain

 

そして実は(瀋陽だけかもしれないが)、もうひとタイプある。

f:id:chachan-china:20190419162502j:plain

f:id:chachan-china:20190419202458j:plain
こちらは15分0.5元。

「おぉ!安くてお得」と思われた方。そう簡単にはいかないものだ。

さすがに世の中はうまくできている。 こちらのシェア自転車、非常にペダルが重い。

 

実は今朝、我が子をこども園まで届け、バス停までの移動のためにシェア自転車を

利用しようとしたが、近くに15分1元のタイプが見つからなかったため

この15分0.5元タイプに乗った。

バス停まで約1キロ。特別坂道がある訳ではないのだが、足がガクガクしてくるのが分かった。

次回からは、このタイプはおそらく避けると思われる(苦笑)

 

さて、話は冒頭まで戻る。

12時になり、一目散に1階まで。そして回転ドアを潜り抜け、出入口付近に停車してあった

「哈啰单车(=Hellobike)」に駆け寄る。

ただここは中国。故障車もパンク車もお構いなしで置いてある。

乗る前は必ず点検が必要なのだ。

 

両ブレーキをかけてみる。問題なし

チェーンは外れてないか。問題なし

ペダルとサドルはちゃんと付いているか。問題なし(←笑いごとでなく、本当に確認が必要)

 

そこまで確認して、「哈啰单车(=Hellobike)」のアプリを開きロックを外す。

 

「哈啰单车」という音声と共に、カチャとロックが外れる音がする。

さぁ、出発!

 

お昼時とあり、今中国で流行りの「外卖(=デリバリー)」を運ぶバイクが行きかう。

自転車もバイクも進行方向があるが、配達ノルマがあるため交通ルールはお構いなし。

逆走、人を潜り抜けるためのジグザグ運転や、急な方向転換も日常茶飯事。

f:id:chachan-china:20190419192911j:plain f:id:chachan-china:20190419192915j:plain

焦る気持ちを抑えつつ、中国ではあくまで安全運転を心がける。

急な飛び出しも、道いっぱいに広がって歩く通行人にも対応できるスピードを保つ。

 

自転車を走らせること約25分。目的地に到着。

f:id:chachan-china:20190419193549j:plain (地図は加工しています)

 

無事書類を受け取ったのは良いが、自宅までの道のりを再度「高德地图(=高徳地図)」で

調べてみる。

 

やっぱり!

 

先程と同じように、バスよりも自転車の方が早く到着する。

もうこうなれば、残りも自転車で帰ろうと決意をし、先ほどの自転車に跨る。

f:id:chachan-china:20190419194003j:plain (地図は加工しています)

 

さすがに後半は迷ったからか、疲れが出たのか、時間の割には距離は出なかった。

とりあえず大切な約束時間には間に合い、ホッと胸をなでおろす。

 

少し時間があったので、主人に報告。

予告したように、ちゃんと自転車で帰ってきたよ。毎日自転車で帰宅しようかしら。そしたらスポーツジムに通う必要もなく痩せられる! 

まさか、電線のように痩せるつもり⁉
でも安全第一、毎日だと疲れるからさ、あくまで楽しい範囲でね。無理は禁物だよ。今日はお疲れ様~!

 

「電線」というのが、なぜかツボにはまり思わず吹き出してしまう。

冗談を交え、いつもこんな風に笑わせながら“おだててくれる”主人に感謝している。

 

毎日バスに揺られること片道約1時間。渋滞に巻き込まれると、更に長い時間バスに軟禁状態。

こんなことなら本当に週明けから、自転車通勤しようかしら。 

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。