ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


中国人にビールをかけられたあの日

2018年8月12日、日中平和友好条約締結40周年を迎えた。

 

2017年に日中国交正常化45周年を迎える準備で忙しくなり始めた2016年頃から、

中国側の日本に対する態度に一気に変化が起き、あたたかい風が吹き始めたように感じる。

 

その顕著たるものが、街頭広告。

日中関係が冷えれば、「日本」という文字は一斉に見えなくなり、

愛国主義」「抗日」「尖閣諸島」というような文字が多くなる。

しかしここ最近は、こんな瀋陽の片隅でもバスの側面は積水住宅の広告であったり、

バス停には日本旅行の宣伝が掲げられていたりする。

f:id:chachan-china:20180927132644j:plain f:id:chachan-china:20180927132725j:plain

 

でも思い返せば、10年以上も中国いると、日中関係が今のように

「晴れ」の日ばかりでは決してなかった。

むしろ2004年に留学で中国に渡ってからは、「嵐」の日ばかりが続くことの方が多かった。

 


 

テレビから流れだす「反日デモ」。

人の波が押し寄せ、幾重にも人垣ができている。

「野蛮」「暴力」「下品」といったネガティブな情報が踊る各メディア媒体。

私が留学2年目の「2005年の反日活動」である。

 

タクシーに乗れば、なに人かと聞かれ、正直に「日本人」と伝えようなものなら

乗車拒否や罵倒、中傷が当たり前。ときには身の危険を感じることもあり、

心中複雑でも「韓国人」と告げたことも数知れずあった。

 

デモも少し収まった8月のある日、

中国人の友人4名(男性2名A君・B君、女性2名Cさん・Dさん)と

夕食をとるために、大学の近くのレストランにへ行くことに。

f:id:chachan-china:20180820142423j:plain

 

席に着き注文も終え、料理を運ばれてくるのを5人で話ながら待っていると、

A君の友人、Z君のグループ4名が偶然にもこのお店に入ってくる。

私とZ君は以前直接かかわりがなく、向こうは私が日本人ということを

知らないことも知っていたし、A君とZ君が仲良くしていたのも知っていた。

A君が立ち上がりZ君と握手を交わしながら、「一緒にどう?」と誘い

男女合わせて9名、一緒に食卓を囲むことになる。

 

中国語を始めてまだ1年未満、自分の中国語に自信もなかったので、

話しには入らず、みんなのやり取りを耳をダンボにしながら

みんなの会話を見守ることに。

 

ふとZ君グループの一人に話しかけられ、つたない中国語で答える。

そのときZ君の取り皿を分ける手が、ピタリと止まったのが気になった。

 

料理が運ばれ、ビールや飲み物も各コップに注がれ、いざ乾杯。

大学生9人が立ち上がり、「かんぱーい!」と聞こえたかと思うと、

頭の天辺から冷たいものを感じる。

 

ビールだと気付いた時に聞こえた一言。

「おまえら、くず日本人と一緒に飲むビールはない! 日本人なんか×××××!!!」

Z君の今まで見たことのない、蔑んだ眼差し。

 

立ち尽くしている私の目に、次の瞬間映ったものは、

Z君に殴りかかるA君の姿。そしてA君の応戦に向かうB君の姿だった。

 

CさんとDさんに介抱されながら、ただただ目の前で起こる一連のやり取りを

眺めているしかできなかった私。

 

A君とB君がZ君をボコボコにしたあと、

みんなの前で「ごめんね、ごめんね」と涙を浮かべて私に頭を下げるA君。

彼につられるように一緒になって頭を下げるB君、そしてCさん、Dさん。

 

レストランを出た後も彼らは家に着くまで、私の手を強く、強く握っていてくれていた。

 


 

今日、この話を発表したのは、

中国人ってやっぱり「野蛮」「暴力的」ということではなく、

日本人とか、中国人とか関係なく、体を張ってでも友人を守ろうしてくれた彼らが

中国にはいることを伝えたかったからである。

 

あの当時、「日本人と一緒にいる」というだけで、不穏な空気が流れる時があるほど

中国社会が混沌としていた。

そんな時でさえも、味方になり、盾となり、日本人の私を守ってくれる中国人がいた。

利害関係、恋人関係とは無縁で、ただただ純粋に大切な「友人の一人」として。

 

つたない中国語でも、一生懸命理解しようとしてくれた。

つたない中国語でも、一生懸命理解してほしいと伝えた。

 

だからメディアに踊らされた偏った、操作された情報の中で

中国、あるいは中国人を表面的に理解する人たちを見ると、悲しい。

そして憤りすら覚える。

 

人間だから好き嫌いがあっても、全くかまわない。

でも自分で確かめず、知ろうともせず、判断するのはいかがなものか!

一度ご自身のその眼で、その足で、実際の中国に触れてからの結論でも、

決して遅くなはい、と思っている。

 

その後A君は、そのまま大学に残り、留学生のヘルプ教員になった。

 

数年前、出張で北京を訪れ久しぶりに会ったとき、彼の顔はより一層輝いていた。

まもなく9月、中国の新学期が始まる。

今日も海外からの新入生受け入れ手続きで、忙しく走り回っていることだろう。

がんばれA君、そして私も負けない。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。