ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


中国南方航空のマイレージカードに「キッズ版(2~11歳)」が登場。申し込んでみた!

日本に一時帰国中「親子クラブ」などに出席し、新しくママさんたちとお知り合いになると、

必ず質問される1つが「瀋陽からのフライト時間は?」である。

 

今までの経験から言えば、瀋陽という場所も「なんとなく、あの辺り…かな?」

「飛行機でも5~6時間ぐらいかかるのかな?」という意見が一番多い。

実は案外近く、直行便のフライトであれば東京(成田)ー瀋陽は3時間半、

大阪(関空)ー瀋陽は3時間程で到着する。

f:id:chachan-china:20190609083743g:plain

 

我が子がまだ幼いこともあり、直行便のある中国南方航空を利用しているのだが、

先日Wechatの会員案内に、下記のようなお知らせが届いた。

f:id:chachan-china:20190609204954p:plain

f:id:chachan-china:20190609212536p:plain

 

この6月1日から、キッズ版(2~11歳)のマイレージカードが登場!

さらに文章を読み進めていくと、下記のような特典があるようだ。

  1. 通常版マイレージカードとポイント加算率は同じ
  2. ポイントの有効期限なし(通常版の有効期限は36か月)
  3. 6歳以下の会員は優先チェックイン、優先搭乗が可能(保護者2人まで同伴可能)
  4. 豊富な特典がいっぱい(ネットショッピングサイトのクーポン等)

 

https://mp.weixin.qq.com/s/fzuOm2mdkttzJWE6c8cY8g

 

日本では優先搭乗をさせてもらえるのだが、中国はあまり関係ないようで、

以前搭乗カウンターでお願いをしたのだが、「没有(=ない)」の一言で終了した。

今の年齢までになると、搭乗もそれほどもう心配はないだろうが、

瀋陽から日本に向かうフライト時間が早朝で、乳幼児は眠っているときもある。

その子供を抱え、オムツなどが入った大きなリュックを背負い、一人狭い飛行機の中を

「すいません」と言いながら、窓側の席に着くのは正直つらい時もある。

そのための“万が一”に備え、我が子の分の申請も試みた。

 

案内には中国南方航空の公式Wechat、APP、公式HPから申請が可能とのこと。

今回はHPを選択した。

f:id:chachan-china:20190610062854p:plain

 

キッズ版のマイレージカードは、未成年者が良く利用するクレジットカードように

おそらく「本体カード(親カード)」の登録情報の元に「付随カード(子カード)」が

できるのだろうと思いこみんでおり、さらには私が中国南方航空の会員だったこと、

会員登録画面だったことも重なり、何も考えずに私の名前でログイン。

 

だが、ここで問題が発生。

いっこうにキッズ版の申し込みサイトを見つけることができない。

 

HP上にある「在线客户(=オンラインサービス)」を利用するも、サービス員の対応ではなく

機械がキーワードを読み取っていく方法で、必要な情報がさっぱり表示されない。

 

そこで今度は「95539」のコールセンターに連絡を取ってみた。

すると音声案内の言語の選択に「日本語を選択の方は3を」と聞こえ、一気に好奇心を

掻き立てられた。

一旦躊躇はしたものの、好奇心が勝り3番を思い切って押してみた。

すると中国の方(とは分かる発音)ではあるが、流暢な日本語で対応してくれた。

 

どうやらキッズ版マイレージカードも、通常版と同様の登録が必要で、

「本体カード(親カード)」「付随カード(子カード)」という概念はないようだ。

そのため先ほど行った私の会員番号は一度ログアウトし、新たに子供の情報を

登録してほしいとのこと。

 

そしてログアウトすると出てきた「注册(=登録)」の画面。

f:id:chachan-china:20190609215554p:plain

 

「注册」をクリック後、左側「通常版」と右側赤色囲みの「キッズ版」の登録画面が出てくる。

ちなみにHPの言語は、中国語あるいは英語のみ。日本語はまだ未対応。

f:id:chachan-china:20190609215715p:plain

 

後は画面表示に沿って必要事項を入力していくのが、第1項目と第2項目で保護者情報

(会員カードナンバーとその暗証番号)の入力事項がある。

f:id:chachan-china:20190609220717p:plain

 

さらに面倒なのが始めに届いた案内にもあったように、保護者と同じ携帯番号と、

メールアドレスは使えない。

f:id:chachan-china:20190609220910p:plain

我が家は幸いホーム用インターネットを契約した際、1つ携帯番号をサービスしてもらえた

番号があったので、その番号で登録することにした。

 

カスタマーサービスの方も、HPの画面表示は日本語対応ではないため、画面表示を

説明するのが非常に難しそうであった。

(たとえば画面表示では「注册」と記載しているのに、日本語で説明するときに「『登録』ボタンを押してください」と言っても、中国語が分からなければ、どのボタン(あるいはどのこと)を指しているか、全く分からない。そのため「画面左側の人の絵の横の『登録』ボタンの、さらに隣のボタンです」という風に非常にまどろっこしい説明になる。)

 

そのまどろっこしさが、とても大変そうでご苦労されているように感じ

「中国語も少し分かりますので、説明しづらいところは、中国語でも構いませんよ」と

お話しさせていただいた。

 

会員登録をしてからすでに5年以上たっている私。

ふと、会員カードが紙製のもので、プラスチック製のものは郵送されてくる気配が

全くないため、そのことについても聞いてみた。

すると現在は電子版会員カードを採用しているため、以前の紙製のものさえも

すでに発行していない。もし必要と言うなら、自分でプリントアウトをしてほしい

との回答だった。

 

キッズ版の申請と紙製会員カードの質問を終え、お礼を言って電話を切ろうとした際

「すいません。お願いがあります」との一声。どうしたのか尋ねてみると

「私が電話を切った後、サービス内容について評価をしてもらいたいです。一番いい評価は

1ですので、1を押してほしいです。どうぞよろしくお願いします」

 

あぁ、このアピールは(サービスと言う意味で)ちょっと蛇足だったかもと

心の中で思う一方、「彼女の気持ちと発言は(査定にかかってくるを知っているので)

非常に良く理解できるし、このアピールこそが中国の方らしくて良いじゃない!」と感じた。

 

そのため彼女には「非常に丁寧にご対応いただき、また日本語もがんばっておられるので

1を押しますから、ご安心くださいね」と申し上げると、「ありがとうございます」と

彼女の弾んだ声が、受話器から聞こえた。

しばらくすると彼女の予告通り、サービス評価のアナウンスが始まり1を押して電話を切った。

 

政権が習氏に代わってから、中国社会全体が「世界の中国」として、外からの見られ方に

ナーバスになっている。

また景気下降気味の今、他者との差別化を図るには「サービス」が欠かせないという考えも

少しずつではあるが浸透してきた。

もちろん日本でも顧客からの評価は、査定に大きな影響を及ぼす。

しかし中国はそれ以上にシビアだ。

 

好奇心から「日本語サービス」を選択したが、彼女の対応から中国社会で生きていく

という厳しさを、改めて感じたような気がした。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。