ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


接待でも使える、瀋陽のレストラン「融和里」

中国では先週金曜日からこの3日間(6月7日~9日)、端午節の休日である。

もちろんこの休暇を利用して旅行に出かけたり、観光地を訪れたりする方もいらっしゃる。

なんと言っても、日本の10倍以上の人口を誇る中国。

我が家のように「人ごみは避けたい」と思っている家族にとって、連休の楽しみ方は

家族、親戚、そして友人たちとの集いである。

 

昨夜はご夫婦にお子さんがいらっしゃらないこともあり、主人を息子のように

かわいがってくださる、「小舅(=叔父さん、義母の弟)」ご夫婦と一緒に食事をした。

そのレストランが、瀋陽で今まで行った中で一番素敵と思ったため、少しご紹介をしたい。

 

レストラン名:融和里餐厅

住所:経済技術開発区沧海路8-32号 1-2-3-4門

電話:+86 (0)24-3118 1616

サイト:http://www.dianping.com/shop/121897666

f:id:chachan-china:20190609055350j:plain f:id:chachan-china:20190609055354j:plain

f:id:chachan-china:20190609055407j:plain f:id:chachan-china:20190609055418j:plain


レストランに入る前、お店の佇まいからすでに“違う”雰囲気を醸し出していた。

そしてレストランの中へ。

f:id:chachan-china:20190609060840j:plain

f:id:chachan-china:20190609060218j:plain

f:id:chachan-china:20190609060244j:plain

f:id:chachan-china:20190609060359j:plain

f:id:chachan-china:20190609060410j:plain

f:id:chachan-china:20190609060428j:plain

 

2階へ。招き猫(?)がお出迎え。

f:id:chachan-china:20190609060620j:plain f:id:chachan-china:20190609060622j:plain
f:id:chachan-china:20190609060952j:plain

f:id:chachan-china:20190609061110j:plain

f:id:chachan-china:20190609061118j:plain

f:id:chachan-china:20190609061223j:plain

f:id:chachan-china:20190609061226j:plain

f:id:chachan-china:20190609061627j:plain


部屋名はプレートを打ち付けたり、張り紙をするのではなく、さりげなくライトで照らす。

白と黒のコントラストが、しっとりとお出迎え。

f:id:chachan-china:20190609061404j:plain

f:id:chachan-china:20190609061430j:plain

f:id:chachan-china:20190609061447j:plain

f:id:chachan-china:20190609061522j:plain


瀋陽のレストランでは珍しく、喫煙室も完備。

f:id:chachan-china:20190609061822j:plain

f:id:chachan-china:20190609061825j:plain

食事の席でタバコを吸っている方も、やはりいた。

しかしわざわざ席を離れ、きちんと喫煙室を利用し、一服し終わると自分の席に戻る方も数名おり、

マナー意識の向上を肌で感じた。

 

さらにお手洗いも清潔感溢れる。

スタッフの方が何度もチェックにやってきて、手洗いカウンターも水滴ひとつ落ちていない。

f:id:chachan-china:20190609062347j:plain f:id:chachan-china:20190609062540j:plain

 

外が見える席を選び、早速料理を注文。

先に前菜と言う名のサービスのデザートが運ばれてきた。

 

「ココナッツソフトケーキ」と「白玉もちきな粉あえ」

f:id:chachan-china:20190609062837j:plain

f:id:chachan-china:20190609063123j:plain

 

そして注文した料理が、次々と運ばれてくる。 

「オクラのサラダ」

f:id:chachan-china:20190609063614j:plain

 

「蟹の姿蒸し」

f:id:chachan-china:20190609063216j:plain


「生サーモンを薔薇の花にて(ドライアイスでの演出つき)」

f:id:chachan-china:20190609063305j:plain

 

「タマネギと酸菜(白菜のお漬物)の炒め物」

f:id:chachan-china:20190609063419j:plain

 

「ホルモンの甘辛炒め」

f:id:chachan-china:20190609063648j:plain

 

「牛肉とかぼちゃの甘辛ソース煮込み」

f:id:chachan-china:20190609063807j:plain

 

「野菜パテ」

f:id:chachan-china:20190609064303j:plain


ブラックスワンのお菓子(カスタードクリーム)」

f:id:chachan-china:20190609064103j:plain

f:id:chachan-china:20190609064113j:plain

 

味付けも、東北料理特有の濃く、塩辛い塩梅ではなく、素材の味を生かしており

日本人にも食べやすい。

 

そして我が子を見るなり、すぐに用意してくれた「お子様ランチ」

こちらはサービス(無料)とのこと

f:id:chachan-china:20190609064351j:plain

 

実は「小舅妈(=おばさん、義母の弟の奥さん)」が、心のバランスを崩して入院されていた。

だが先日無事退院をされ、そのお祝いだった。

小舅妈は日本での(職業)実習生の経験もあり、日本語も挨拶程度ならお話しになる。

その経緯もあり、ご夫婦そろって私のことも非常に大事にしてくださる。

 

スタッフの方々も視界には入らないが、声をかけるとすぐに来てくれるという

非常に心地よい距離感を保ってくれ、さらには店長も座席まで足を運び、

サービス改善点はないかと意見を聞きに来てくれた。

 

日本のサービスを知る小舅妈にとって、そういう心配りがとても嬉しいようで、

自然と笑顔がこぼれ、私たちも心から楽しい時間を過ごした。

 

普段は外出をしたがらない小舅妈が、「また来たい」と言ってくださったので

デポジットの会員カードを作った。カードもこだわってを感じるものであった。

そのカードと同時に名刺も手渡してくれ、瀋陽のサービスもここまで向上してきたと

思わずにはいられなかった。

 

少し辺鄙なところにはあるが、接待でも十分使えるレストラン。

瀋陽にお越しの際は、ぜひ一度足をのばしていただきたいオススメのレストランである。

f:id:chachan-china:20190609065955j:plain  f:id:chachan-china:20190609070012j:plain

 

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。