ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


御礼 ~ブログ100記事を記念して、私の“変化”を語ります~

夏真っ盛りの8月5日。生まれて初めてブログを書き始めました。

実は32歳の時に、人生で一番(だと思う)挫折を経験し、自分の殻にこもるようになってから

身の上話を話すことを避けて、過ごしてきました。

 

今年2018年が幕開けた頃は、まだまだその殻を破れず、それでもいいと気持ちがぶれることは

正直ありませんでした。

瀋陽に遅い桜が咲き始めた頃、ある同志の一言をきっかけに、分厚い殻から外を覗いてみようかと

ふと、考えるようになり始めました。

その一言とは「ちゃーちゃんさんの中国でのコアなお話し、聞きたい人は絶対いると思いますよ。」

という、心のこもった私へのエール。心に響かない訳がありません。

 

「いやいやいや」と思う一方で、こんな私の話でも、誰か一人にでも届けばいいなと思い始め、

カンペなしでも5時間は話せると思う、『中国と中国語のこと』を伝えようと決めたのでした。

 

そう思って始めたブログが、1記事1記事と重ね、なんと100記事目を迎えることができました。

しかも「1年以内に!」と言う予想をはるかに上回るペースで。

f:id:chachan-china:20181201072238p:plain

 

これは164名(12月1日7時現在)という読者になってくださった方や普段からご訪問くださる方の

ご支援なしでは到底叶えられるものではなく、そのお心遣いに心より感謝申し上げたいと思います。

 

せっかくの機会ですので、100記事目を記念して、ブログを始めたことによる心の変化を

記載したいと思います。

 


 

中国は私自身が「行きたい! 挑戦したい!」と思い、全てを捨ててまで来た場所にもかかわらず、

中国人との言語、文化の違いと言う高く分厚い壁というか、ガラスの天井を越えられず、

心のどこかで「分からない、分かってもらえない」というイライラが長い時間募っていました。

また「こんなに長く滞在しているのに」「主人が中国人なのに」という焦りもあったと思います。

 

「中国が好き!」と言っても、本当のところは“老夫婦のような感覚”で、喜怒哀楽全てがあり、

時には「コノヤロー!」と思うことも、さらには惰性も驕りもあります。

特に留学が終わったころ(大したこともないのに)、なぜか中国語に変な自信とプライドがあり、

「その言い方おかしいよ」と言われても、「通じるし!」と素直に聞けなかったことも経験しました。

さらには中国語能力の高い方を見ては、「きっと中国にルーツがあるんだ」と、勝手に決めつけ

その方の努力の部分を見ず、私とは環境が違うからと自分のレベルの低さから逃げていました。

 

結婚してから家族や親戚、上司・同僚、ママ友…。今の生活は、周りを見渡せばみんな中国の方

という環境の中、“中国人らしく生きる”ことを、どこかで求め、また求められていました。

なぜならそう生きることで、出る杭が打たれることが少なくなるからです。

 

それがこのブログを書き始めて、今までの中国生活や、日々起こる出来事を発表するたびに、

「日本人の感覚では…」という“(中国での)マイノリティー感情”を、誰かに分かって欲しいという

願いにも似た感情が、実は心の奥底にずっとため込んであったのかと、自分でも驚くほどでした。

 

また「出る杭でもいいんだ、いやいや、『日本人』という杭は中国という大地には、

根本的に刺さらない。今回は案外簡単に刺さったと思ったら、それは豆腐に刺さったようなもので

すぐに崩れてしまうものなんだ」と気が付くことにもなりました。

これは、ある意味で「日本人らしさ」を捨ててしまわないこと、そして良い意味で

「中国人とは一線を引くこと(=中国人社会に入りきってしまわないこと)」が求められていると

悟ることでした。

 

ブログを更新するたび、 “(中国での)マイノリティー感情”に同調や、共感してくださったり、

応援していただけたりする中で、「私が感じていた『なぜ!?』という思いは、決して特別な事では

なかったんだ」と思えたことで、ずいぶん救われました。

 

またその救われた気持ちで、もう一度中国人や中国社会を見た時、それまでは意固地になって

受け入れられなかったことも、「そういう事もあるよね」と自然と感じることができ、

中国人の習慣も、臨機応変な考え方も、スッと腑に落ち、自分自身が一番楽になりました。

 

今思えば、ブログのヘッダにデカデカと書いてあるこの見出し。

f:id:chachan-china:20181201000109p:plain

でもこのブログを始めて、中国のことを一番よく知ったのは、実は私自身なのかもしれません(笑)。

そして「この中国と言う大海原で、流れにのってみよう。きっとなんとかなるさ」と、

肩の力が抜けた今の私が、今までで一番好きだったりします。

 

その御礼を、この100記事目の結びの言葉をさせていただき、今日の記事を締めたいと思います。

本当にありがとうございます! これからもどうか末永く、お付き合いください!

f:id:chachan-china:20181201000355j:plain

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。