ちゃーちゃん@中国瀋陽

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?

あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


《主播说联播》のディクテーションを、1か月継続しての変化

 以前2度にわたり、取り上げたディクテーションの記事

中国語ミニ知識

 

 

まもなく1か月を過ぎるとあり、私の中での変化を少しまとめてみたいと思います。

 

まず1度に蓄えられる文字数(文の長さ)が、少し増えた…、ような気がします。

この1か月はコロナ関連の記事が多かったこともあり、

よく似た内容や表現方法が、たびたび出てくることも関連していると思いますが、

搭配(=単語の組み合わせ)などから、次の内容を予想できることもあり

一時記憶に良い影響を及ぼしているのかもしれません。

 

もう一つは、主人曰く「音読の仕方が変わってきた」とのこと。

アナウンサーになりきり感100%で、音読していることもあり、

少しずつ中国語の抑扬顿挫(=抑揚や間の取り方)などが、できてきた(と信じたい)

ように感じています。(と言っても、まだまだ入り口ですが…)

 

ふと、音読中に鏡を見たときに思ったことですが

(発音矯正用に、デスクに鏡を用意しています)

首の振り方、手の出し方なども、アナウンサーに寄せていて、

それが功を奏しているのかも、と思っています。

 

密かに、先日こういうことも起こりました。

 

話を戻し、留学時代のワースト記録を更新しているとき

机に向かっている時間は長かったのですが、今思えば勉強の仕方を知りませんでした。

厳しい言い方をすれば、「ただ座っているだけ」でした。

 

今はこれだけネットが発達し、

学習方法やオススメ書籍の検索も、以前に比べ非常に簡単になりました。

また以前ならお会いすることができなかった方々とも、交流ができるようになりました。

さらには教材として使っている《主播说联播》も、好きな時間に取り組むことができます。

本当に便利な時代になりました。

これらの環境を生かし、さらに中国語の階段を上っていきたいと思います。

f:id:chachan-china:20210127161407j:plain