ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


中国語と言う大海原に挑む。

先日から私の中で、(周りを巻き込み)大騒ぎをしている中国語検定1級。

一刻一刻と試験時間は迫ってくるのだが、なかなか思うように進んでいかない。

 

ただおかしなことに、心理状態としては2つにくっきりと分かれる。

  1. さすがにこの成績では、合格の可能性は皆無
  2. でも、それでもなんとか食らいついてる感あり

「1.の心理」としては、合格ラインの正解率が85%という高きハードル。

点数配分を見てみると、

    
    
    
    
    
    
    

ほぼ間違えられない。つまり、問題を全て理解してやっと合格が見えてくる。

鉛筆ころがしなんかしてては、合格という頂上は遥か雲の上と言う感じであろうか。

 

「2.の心理」としては、よくまぁここまでこれたものだという気持ち。

ニーハオとザイジェンという、中国語を知らなくても言えてしまう二単語だけで、

自分の名前さえも言えない状態で中国に飛び込んだあの日。

今まで4ケタ、5ケタぐらいは「もうやめよう」と思った中国語。

でもなんだかんだ、今日もまだ中国語との“日中友好条約”は途切れていない。

 

直前対策として、毎日取り組んでいる昨日ご紹介した「WEB過去問」。

www.chachan-china.com

パソコンの前で、大声で中国語を音読している私の後ろで、主人と我が子が見守る。

主人が我が子に、「你看,ちゃーちゃん学习,我们也学习,怎么样?

(=ほら、母ちゃん勉強してるから、僕たちも勉強しようよ、ねっ)と主人が我が子に、

孫子兵法」の朗読を始める。(主人は古典文学の朗読が好きなのだ)

 

「はぁ~、正解率75%ぐらいなんだよなぁ。厳しい~」とつぶやいてみる。

ノーリアクションの二人。

 

「75!」と、振り返り、少し大きめの声で言ってみる。

「不错啊!(=いいじゃん)」と言う答えが返ってきたので、本音をぶつけてみる。

「いや~、ショックなのよ」

「なにが?」

「だってさ、このテストで75%の正解率ってことは、中国人の言ってること

 75%ぐらいしか分かってないってことでしょ。このことがさ、辛いのよ。」

「実際には、その3分の1ぐらいかもね。だってこの問題、僕らが使う用語の3分の1

 ぐらいの内容だもん。日本語が分かる中国人が合格するの、当たり前だよ。」

「もう結構でございます。そのあたりでお止めになっていただけないでしょうか…」

思わず、本音の本音が出る。

 

確かに、この四字熟語オンパレード試験に臨めば、語彙力は“素晴らしく”強化できるが

実に、実践身のない問題&回答が多く存在する。

 

一度、以前に中訳文の模範解答を主人に見てもらったことがある。

「こんなまどろっこしい中国語、中国人は絶対に使わない」と、模範解答に×をつけ、

その横に(主人による、模範)解答を書き始めた。

 

生活として中国語を使う私からすれば、試験に合格することが最終目標ではない。

ではなぜ、中国語検定試験を目指すのか?

答えは簡単。「今まで中国語に真剣に取り組んできた」という、証が欲しいのだ。

 

日本国内の中国語試験の最高峰と言われる試験に合格すれば、少なからず自信になる。

正直私は、自分の中国語に自信がない。

だから「努力をして合格をつかんだ」という自信が欲しいのだ。

 

語学を勉強されていらっしゃる方なら、多くの方がそう思っていらっしゃるだろうが、

やればやる程、自分の不足が目につく。

それはまるで、始めは雨が降った後の水たまりで遊ぶことに満足していたのに、それが

プールになり、川になり、近隣の海になり、世界中の誰もが知り得る大海になり…。

次のステージに行ける喜びを感じながら、向こう岸が見えない大きさに不安になり、

今までの泳ぎ方では通用しないと自信を無くしたり、

でも同じ海原で泳ぐ同志に会い、見よう見まねで技術を習得したり…。

時には後ろからの同志に追いつかれ追い越され、自分も追いつき、また引き離され、

それでもやっぱり泳ぎ続ける私。

 

そんな自分に“ライフセーバー”のごとく、「お守り」のような拠り所があればと思う。

それが検定合格だったりする。

もちろんライフセーバーだって劣化もするし、万能ではない。

だから結局は、自分自身で泳ぎ切れる力をつけなければならないが、

大海原に臨むのだ。“ライフセーバー”がいれば、尚良しではないか。

 

そんな思いがあっての検定試験なのだが、ライフセーバーにはまだ会えないようだ。

検定試験まで、今日も含めあと29日。

とにかく今は前をしっかり向いて、泳ぐしかない。

f:id:chachan-china:20181028080510j:plain

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。