ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


高電社の「中国語検定 過去問WEB」への申し込み方解説&使ってみた感想

中国語検定まで1か月を切り、「そろそろ本腰を!」と思い、過去問に取り掛かる。

以前は過去問題集を使っていたが、今は便利なものができている。

ネット上で過去問が公開され、さらには採点までしてくれるという優れもの。

友人からの「とっても良い」という評判を聞きつけ、私も使ってみることを決意。

早速、申し込もうとHPへ。

 

コースは「標準コース」と「全級コース」2つに分かれ、

契約期間は1か月、3か月、1年から選べる。

f:id:chachan-china:20181027071628p:plain

「標準コース」の方がお安いが、肝心の中国語検定1級が入っていないため、

「全級コース」を選択。

今年一発合格は無理だろうと、期間を1年で申し込もうかと思ったが、

365日対応のため、ライセンスの有効期限が来年の9月までとなり、

本番直前の10月には、再度購入する必要がある。

また延長するときに、同じID(メールアドレス)を使用すると、回答分析の内容は

そのまま引き継いで使用できるとのこと。

そのためまずは様子も見てみたいと思い「1か月コース」にした。

f:id:chachan-china:20181027071639p:plain

画面をスクロールすると、「ショップ会員登録」をするかを尋ねてくる。

f:id:chachan-china:20181026152521p:plain

次回またお世話になる可能性が非常に高いため、登録しておくことにした。

f:id:chachan-china:20181026152800p:plain

IDとなるメールアドレスやパスワード、氏名や住所などを入力。

最後に「会員登録する」のボタンをクリック。

f:id:chachan-china:20181026152956p:plain

次に支払い方法の選択。

銀行振り込み、クレジットカード、楽天ペイから選べる。

f:id:chachan-china:20181027071732p:plain

今回は、クレジットカードを選択。ポップアップで入力画面が現れる。

    f:id:chachan-china:20181026153251p:plain

入力後、「レジ確認」画面に移り、商品の確認。

f:id:chachan-china:20181027071801p:plain

その後「入力確認」画面に移り、名前や住所、支払方法などの確認。

確認が終われば「完了」。

f:id:chachan-china:20181026153945p:plain

 

その後約1時間程で、登録完了メールが届く。

メール内の「メールアドレス登録URL」を開き、メールアドレスを登録。

これで登録手続きはすべて完了。

 


 

登録手続きが終わると、中国語検定 過去問WEB|高電社の画面に戻りログイン。

f:id:chachan-china:20181026154610p:plain

画面が変わり、 ログインIDとパスワードを入力。

f:id:chachan-china:20181027071833p:plain

「過去の試験問題」と「トレーニング」内容から選べる。

もちろん、「過去の試験問題」を選択。

f:id:chachan-china:20181027071903p:plain

所狭しと並ぶ問題の数々。

ちなみに過去問は最新の第95回から、第59回まで遡ることができる。

f:id:chachan-china:20181026155416p:plain

問題は「本番モード」として、試験さながら時間も設定できる。

f:id:chachan-china:20181027071933p:plain

もちろん「本番モード」のチェックを外し、各部門の学習も可能である。

f:id:chachan-china:20181027072009p:plain

こちらがリスニングの書き取り画面。

聞き取り後、赤丸で囲んだ枠の中への入力が必要。

f:id:chachan-china:20181026160833p:plain

入力が必要なため、直接パソコンで書き込んでいくと、

うる覚えの単語に気付きにくく、また最近の入力ソフトは自動入力機能も優れており、

本当の実力が分かりにくくなるため、面倒でも一旦は紙に自筆で書きだすことを

オススメしたい。

f:id:chachan-china:20181027074412j:plain

入力の時点で、すでに間違いが分かるものもあるが、

採点のため、あくまでも自分が書き取った文字を入力する。

f:id:chachan-china:20181026161217p:plain

 入力後、採点ボタンを押す。

f:id:chachan-china:20181026161336p:plain

拡大してみると、

f:id:chachan-china:20181026161441p:plain

「模範解答」「あなたの答え」が記載され、その下に「比較結果」が見れるようになる

  • 緑色・・・私が記入した答え
  • 赤色・・・私が記入し、間違った答え
  • 青色・・・赤色の訂正回答、もしくは記入できなかった文字

もし入力する時間がない時や、難しくてお手上げ状態であれば、

「テキスト表示」を利用するも良し。

f:id:chachan-china:20181026204355p:plain

きちんと日本語訳まで対応している。

f:id:chachan-china:20181026204611p:plain

 


 

さらには上記以外の機能として、

「受験履歴」から分析評価などもしてくれるようである。

f:id:chachan-china:20181026162116p:plain

正直想像していたただ単に過去問をUPしてあるだけ、とは異なり

非常に使いやすく、また機能も充実している。

入力するだけですぐに正誤判断をしてくれるのも、ありがたい。

ネット環境さえあれば、どこでも利用可能。通勤中の時間も無駄知らず。

またセクションごとの問題選択もできるため、隙間時間での学習も可能である。

 

『中検準1級・1級試験問題集[第92・93・94回]解答と解説』という書籍も出ているが、

1年分、つまり1級の問題は1回分で2700円と結構お値段がはる。

それに比べ、高電社の「中国語検定 過去問WEB」であれば1か月コースは、2100円

 

これは当たり商品! 

中国語検定合格を目指されていらっしゃる方に、自信をもってオススメしたい。

また検定には関係なく、基礎をもう一度見直したい方も、準4級から全ての問題に

チャレンジするのも、非常に有意義である。

(私もテストが終わり、1年契約をしたときは全問回答にチャレンジしようと思う)

 

この商品で、ぜひ合格をもぎ取りたい。

では早速学習開始のため、今日はこれにて・・・ 再见!

 

追記:

中国語検定のネット予約は、締切日が10月29日(月)14:00までに延長されました。

(クレジットカード決済のみですので、ご注意ください)

もし締切が間に合わなかったと、後悔されていらっしゃる方。朗報です!

ぜひ一度HPのご確認を。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。