ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?

あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


会話力アップのための目標設定方法

Twitterを見ていたら、こんなツイートを拝見しました。

 

 「会話力」の目標設定って難しいですよね。一見つかみどころがないような気がしますし。お恥ずかしながら、私の目標設定(&練習法)を少しお話しさせていただきたいと思います。何かのご参考になれば幸いです。

※ブログ掲載を快諾くださった、まみさん。本当にありがとうございます

 


 

私も会話はとても苦手で、留学時代「口语(=スピーキング)」の授業では

言いたいことが全く言えず、悔しい余りに大粒の涙を流したことがあります。

 

会話はその場で、流れて行ってしまいますし

話もどんどん展開していくことから、「写作(=ライティング)」のように目に見えず、

対策も取りづらいのは事実です。

 

先日、「相手がいる場合の練習法」をご紹介いたしましたが、

いつも話し相手がいるとは限りません。


私も(中国語ネイティブの)主人がいてくれるとは言え、

24時間365日一緒いて、ずっと会話をしているわけではありません。

どちらかと言えば、接待や出張で家を空けることの方が多いです。

 

そんな私一人時に行う会話練習は、

  1. テーマーを決めて3~5分間話す。その際、その発言を全て録音する
  2. 録音した音源を、「听写(=ディクテーション)」する。その際、“嗯……、那个、什么”など、言葉に詰まった「音」もすべて書き取る
  3. 听写の原稿を踏まえ、今度は自分の考えを作文として書いてみる
  4. (もし可能なら、ここでネイティブに作文をチェックしてもらう)
  5. 作文を音読し、中国語表現を自分の中に落とし込む
  6. しばらく期間が過ぎた後(1週間後、場合によっては1か月後、あるいはそれ以上も可)、もう一度同じテーマで原稿を見ずに3~5分間話し、録音する。
  7. 録音した音源を听写し、以前のものと比較をする

 

今は携帯電話でも、簡単に録音ができますし

無料で録音していただけるようなソフトも、ネット上にはたくさんあります。

audacity.jp.uptodown.com

 

ご自身が発言した録音を聞くこと、さらには听写のために、

何度も何度も繰り返し聞くことは、正直針の筵に座らせるほど苦しいです。

逆に少し厳しい言い方をすれば、これが「針の筵」だと思うならば

ご自身の音声や会話に、それほど向き合っていない証拠です。

(1か月ほど毎日聞いていると、慣れます(笑))

 

听写をして、言い間違っている部分はもちろんのこと、

言葉に詰まってしまった「音」もすべて書き取ることで、

普段は流れてしまう会話を可視化し、きちんと現状を認識することを目的にします。

 

これを繰り返して行くことで、次回の目標を

  1. “嗯……、那个、什么”という言葉に詰まった「音」を10個減らそう
  2. (前回は)3分間しか言えなかったけれど、5分間話せるようになろう
  3. 前回覚えた表現を、3つ取り入れて話してみよう
  4. 間違ったあの単語の声調を、正しく発音しよう
  5. 主張したい結論を裏付ける例えを、2つから3つに増やしてみよう

 

という風に、例え小さな進歩であっても、前回からほんの少しでも目標を高く設定し

それを一つずつ達成していけば、3か月後、半年後、1年後には

大きな進歩を感じていただけると思います。

 

選択するテーマは、『自己紹介』や『趣味』など、割とライトなものから

『中国の交通渋滞問題について』『人生100年時代を迎えるにあたって』といった

さまざまなテーマに、チャレンジされることをオススメします。

 

テーマが思いつかない方は、HSKKの問題や中国語検定の2次対策などのテキストを

手に取られてもいいと思います。

 ・HSK、HSKKの過去問がこちらからダウンロードできます。

中検準1級・1級試験問題[第98・99回]解答と解説 2020年版

中検準1級・1級試験問題[第98・99回]解答と解説 2020年版

  • 発売日: 2020/06/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

オタクと言われようが(笑)、10年前の音源を引っ張り出し聞いてみると、

「こんな間違い、恥ずかしい…」や、「この表現は完全に忘れていた」など

現状と向き合うことができます。

また録音して、音源を残していくことで、振り返ることもできます。

なおかつ聞き直すことで、進歩や(もしかしたら後退)

あるいは、未来に向け可視化した形で目標設定をしていただけると思います。

 

これらはあくまでも、方法の1つにしかすぎませんが、

もし会話力アップのための、なにかの糸口になれば幸いです。

またぜひみなさんの、会話力アップの目標設定方法も、

ぜひお聞かせいただきたいと思います。

f:id:chachan-china:20200804101246p:plain

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。