ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


宇高淑子さん「『日中バイリンガル司会』ってどんな仕事?」の座談会に参加

年末に申込みをし、この10日間非常に楽しみにしていたのが、このイベント。

そして今日ついに、「『日中バイリンガル司会』ってどんな仕事?」の座談会が開催された。

日本各地、中国、フィリピンから総勢17名の参加者。

 

パワーポイントを使い、中国語との出会いから今に至るまでをお話しされた。

  • 中国語との出会いは25歳。(私と同じ比較的遅くからだと知り親近感が増す)
  • 国語学習を始めた後、ご主人の駐在に合わせ、中国広州に2年間ご滞在。夢にまで見た中国滞在が叶ったにも関わらず、生の中国・中国語に恐怖を抱いた苦い思い出
  • 30歳で中国語にはまる。そして仕事として中国語を使いたいと思い続け、模索と試行錯誤を繰り返した日々
  • バイリンガル司会」としての格闘と苦悩、それを越えるような喜びとやりがい

 

途中トラブルもあったが、司会者として、普段からやり直しがきかない状況で、

臨機応変さとトラブル対応力を培われていらっしゃるのだろうと、すぐにわかる

冷静沈着な対応で、その場をさらりと乗り切られた。

 

「司会者として日本語に非常に気を付けています」「エージェントの評価点は日本語」

とおっしゃるように、座談会すべてのお話しが言葉を選び、非常に分かりやすく、

心地のいい落ち着いた声で進められていく姿に、画面のこちらから拍手と送っていた。

 

また一番心に残ったのは、語学一本に絞るのではなく、何かに語学を+αすることで

自分の付加価値を高めていくという考え、そして行動

つまり「〇〇×中国語」という化学反応で、「唯一」を創りだせるかということである。

 

もちろん通訳、翻訳として言葉を武器にご活躍されていらっしゃる方も多い。

しかし通訳・翻訳だけで生き残っていく道のりは、非常に厳しく狭き門である。

特にフリーランスともなれば、語学力はもちろんのこと、知識面、専門性、人間性

そして声をそろえておっしゃるであろう、母語レベルの高さが求められる。

さらに逐次通訳などになると瞬間記憶力、背景把握力、ロジカル能力が求められ、

その上の同時通訳ともなれば、聖徳太子並みの同時にいくつも聞いて理解する能力は

もちろんのこと、EQさえも非常に高いレベルが必要不可欠である。

その証拠に「あの通訳さんにお願いしたい!」と逆指名を受けられる同時通訳さんは、

誰もが知る有名人、つまり行きつく人が同じ人ということが多い。

それだけ狭い世界なのだ。

 

さらに宇高さんの発言で、「司会者として専門の技術で勝負するには、

専門の訓練を10年程受けやっと一人前になれるかな、という感じのようです。

でも私にはその時間はおそらくないですし、それだけの金額と労力を司会業に!

とは思わないです。それなら中国語に注ぎたい!」とおっしゃっていたように、

何か一つに特化した技術は、それを極めることはかなり難しいというのが事実であろう。

また正直年齢的にも、学生時代など早くにその仕事につながることに巡り合えていれば

進む方向や結果も変わってくるだろうが、宇高さんも私と同じ40代。

これから始めてできる事を探すより、今まで持っている何かを発揮し、さらに付加価値を

つけていくほうが、自分の力を発揮しやすいというのも、冷静な分析だと思う。

 

何かと何かを組み合わせることにより、活路を見つけていく。「中国語×〇〇」という公式。

中国語に何を掛け合わせる事で、いかに「唯一、自分らしさ」を創りだせるか、 

ならば私の「〇〇」に当たるものは、あれしかない!

〇〇もまだまだ“実習生”のレベルだが、唯一を目指して突き進もうと、背中をおされた

座談会でもあった。 

 

今日がきっと分岐点。

宇高さんにそして、司会を務められた小島さんに、この場をお借りして、

心よりお礼を申し上げたい。

「参加ができ、収穫の多いとても良い座談会でした。ありがとうございました」

 

f:id:chachan-china:20190106204510j:plain

 

追記:宇高さんのブログに、今日のご感想をお書きになっておられます。

ぜひそちらも併せてご覧くださいませ。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。