ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


「台湾の流行歌曲を読もう!」 オンラインレッスンに参加

先日ふとしたことがきっかけで、こちらのオンラインレッスンに参加しました。

f:id:chachan-china:20200716211647p:plain

https://chugokugo.online/class/

 

私は台湾には、2009年に1度しか訪れたことがありません。

こちらのブログをご覧いただいていらっしゃる方は、すでにお気づきだと存じますが

今までずっと大陸と関わっており、お恥ずかしながら、同じ中国語であっても

台湾の文化、歴史、そして言語(繁体字や注音符号)でさえも、疎い私です。

 

そんな私が、このレッスンに参加をしようと思ったきっかけは、

担当される先生の、「台湾に関する知識」の次元が違うというお話を

友人から伺ったところから始まります。

 

C-POPを取り上げ、中国語を講義されている講座はよく目にしますが、

こちらのレッスンは、当時の歴史を織り交ぜて話してくださると聞き、

台湾のことも知りたいと思っていた私の心が、一気に燃え上がりました。

 

そして栄えある第1回目は、鄧麗君(テレサ・テン)の《路邊的野花不要採》 1973年


鄧麗君 路邊的野花不要採

 

まずご準備いただいておりましたビデオを見て、鳥肌がたちました。

テレサ・テン氏の歌声は、なぜこんなにも心の奥深くまで届くのでしょうか?

 

その答えをひも解くかのように、

「今回のテレサ・テンをはじめ、台湾の創作歌曲から聞こえてくる

あの時代に翻弄された彼らの信念や魂の叫び」を、台湾の歴史を軸に、

お話しくださいました。

 

またこの歌が生み出された背景なども、丁寧に解説いただき

今までぼんやりしてた台湾が、我々日本人にとって、もっと理解すべき存在だったと

改めて考えさせられる、そんな素晴らしいレッスンでした。

 

テレサ・テン氏のことを思い浮かべると、あの成功や成熟度、大人の色気から

お亡くなりになったのは、60歳を過ぎてのことだと私は勝手に思っておりました。

それが今の私とそれほど変わらない年齢だったことに、この授業で初めて気づき、

声にならない驚きとともに、テレサ・テン氏の人には言うに言われぬ覚悟が、

あの妖艶さを醸し出していたのだと悟り、

私自身、まだまだひよっこだと思わずにはいられませんでした。

 

ちなみに今後のスケジュールおよび、課題曲は

 ・7月17日(明日)、《橄欖樹》齊豫 1979年

 ・7月31日(金)、《張三的歌》李壽全 1986年

を取り上げられるそうです。

 

歌詞や楽曲が生まれる歴史まで、しっかりと教えてくださるため、

台湾のことを知りたい、台湾を身近に知りたいという方はもちろんのこと、

これから台湾のことを知っていきたい、あるいは大陸派だけれど…、

という方も、参加をして絶対に損はないレッスンです。

 ・台湾の流行楽曲を読もう! 歌から学ぶ中国語表現講座(7月~9月クラス)

 

この授業のお陰で、コロナが収束したら、主人とわが子と3人で、

ぜひ台湾を訪れたいという、また一つ新しい目標ができるほど、

素敵な授業をありがとうございました。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。