ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?

あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


キーパーソンから、台湾の歴史を学ぶ

私は10年以上も中国語を学んでいますが、ずっと大陸と関わっており、

台湾は2009年に一度訪れたことはあるものの、正直少し遠い存在でした。

お恥ずかしながら、繁体字には疎く、カラオケのスピードになると付いていけず

注音符号も読めません。

 

それでも今までは、何の不自由もなかったのですが、最近は何か導かれたように

台湾出身の方、台湾関連の事柄に関わることが増えてきました。

 f:id:chachan-china:20200820090320p:plain

中国語とのかかわりを振り返ったときも、始まりは「人」でした。

 ・中国語を目指すきっかけとなった「あの一言」

 

「あの一言」を発した、あの人が生まれ育った中国をもっと知りたい。

教科書に書かれている“テストのための中国”ではなく、

血の通った中国を知るためには、翻訳者の色がついた文章ではなく、

中国語を中国語のままとらえたい。

そうすることが、中国を知る近道なのではと思ったからでした。

 

この思いに似たような感覚を、この8月に入り、台湾に感じるようになりました。

蔡英文総統のスピーチ原稿を、簡体字繁体字で読み比べたとき、

同じ内容であるに関わらず、繁体字で読んだ方が

より蔡氏の思いに近づける“感覚”になります。

 

そんなことを思っていると、昨夜こんな案内を受け取りました。

 コロナへの素晴らしい対応で ここ数ヶ月全世界から注目されている台湾。

 日本とは正式な国交がないものの、台湾と日本の関係は政治的にも実は非常に重要です。歴史的には、台湾はかつて50年間日本であり、台湾の人々は50年間日本人でした。戦後70年経ち、これらの歴史が忘れ去られようとしています。しかし、今、台湾の歴史を紐解くことで、今後につながる重要な判断基準を得られることでしょう。

 一方、台湾には魅力的な文化、自然も豊富です。日本文化の影響も大きく、国民も大変親日的です。ぜひ、改めて台湾を知るチャンスにして頂けたらと思います。

 

 この講座は、毎回一人のキーパーソンの人生を軸に近現代史をご紹介していきます。(以下は、全8回で取り上げる予定の人物です。)

 

2020年

第一回 08月25日(火)【 李登輝 】 農業経済学者 第4代中華民国総統

第二回 11月24日(火)【 史明 】 歴史家・独立運動家 

 

2021年

第三回 01月22日(金)【 蔡英文 】 第7代中華民国総統 

第四回 02月26日(金)【 蒋介石宋美齢

第五回 03月26日(金)【 蒋経国と台湾歴代総統 】

第六回 04月26日(金)【 唐鳳(オードリー・タン)】 台湾行政院政務委員、プログラマー

第七回 05月28日(金)【 Suming Rupiと先住民族の文化 】 台湾アミ族のシンガーソングライター、俳優

第八回 06月25日(金)【 魏徳聖 】 台湾映画監督(「海角七號」「KANO」等)

 

時 間: 日本時間21時から22時半。その後質疑応答

場 所:オンラインツール zoom

参加費:3,000円/回(こちらのHPをご覧いただきお申込みくださった方は、初回1000円です。そのため「ちゃーちゃんのブログを見た」とお伝えくださいませ。)

 

なお、このブログをご覧いただいたことをお伝えいただき、且つ一括払いはさらにお得になります。

第一回のみのお振込みの場合 1,000円
第一回、二回まとめてのお振込みの場合 4,000円
第一回から八回まとめてのお振込みの場合 20,000円
(お休みの会は録画をお送り致します)

 

ご参加希望の方は こちらにご一報よろしくお願いします。info@chugokugo.online

 

講師陣は、以前参加した「台湾の流行歌曲を読もう!」で

膨大な知識からひも解く歴史も、併せて講義してくださった講師とあり、

濃い内容であることは、絶対に間違いありません。

 

これは「学べ!」という神様のお告げだと感じずにはいられません。

台湾の歴史から、改めて日本を知り、そして中国も知る。

そんな予感がしています。

f:id:chachan-china:20200819231028j:plain

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。