ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?

あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


2020年8月 所感&記事一覧

今月は単独イベントを始めて開催し、自分自身が目指す方向に

一歩足を踏み出せた気がしました。

しかし実際に踏み出してみると、自分自身の不足が明るみにあり、

中国語力を始め、司会進行力もこのままでは全く話にならないと、

悔しさと新しい目標が、明確になった月でもあります。

 


 

さて、ここからは8月の30記事の中から、3記事を取り上げてみたいと思います。

 

まずはこちらの記事。

テキストにはあまり載っていない、中国語の発音について書き出してみました。

本当に多くの方にご覧いただけ、発音に真剣に取り組んでいらっしゃる方が

とても多いことに、こちらが励まされました。

 

2記事目は、このコロナ禍に海外で出産に臨んだ友人がいます。

いつの時代も「母は強し」。女性としてまた魅力が増したと思います。

一方で、中国では割と産後ケアが、心身ともに整っているように思います。

日本では芸能人の、産後すぐの復帰も話題になり、

ママがだんだん休めなくなってきていることが、心配です。

 

最後は、ここにきて私の立ち位置を、もう一度考えることにしました。

この約1年半ほど、発音矯正に真剣に取り組んできた中で、

日本人であるからこその気づき、非ネイティブであるからこその説明が

できることに気が付きました。

その中で私は、普通ならば見えない発音を、「可視化」していきたいと思っています。

 


 

春から初夏は、コロナ禍にパワーを吸収され、ブログの更新も滞っていましたが

今月は更新回数も多く、パワーとアイディア、書きたいという意欲が

戻ってきたことに、嬉しさを感じます。

 

(タイトルクリックで、ページに飛びます! ご利用いただければ幸いです)

 

中国語講師

 

 ・中国語講師としての責任 

 ・会話力アップのための目標設定方法

 ・テキストにはあまり載っていない、中国語発音のポイント 

 ・「発音を可視化する」中国語講師、ちゃーちゃんです!

 ・夏休み、小学生に中国語講座!

 ・企画案、まるでポップコーンのように頭の中ではじけています! 

 

国語学

 

 ・中文交流会に参加 2時間ぶっ通しで中国語のシャワーを浴びる

 ・単語や表現方法のアップデートはしていますか?

 

イベント

 

 ・ビデオを使って音読練習 追加開催!

 ・『漢語Cafe』開催のお知らせ 

 ・~言葉で遊ぼう、感じよう! これって「どんな音?」~

 ・第3回、第4回『漢語Cafe』のご案内

 

ご感想

 

 ・中国語同志が傍にいてくれるって、本当にありがたい!

 ・第1回『漢語Cafe』開催報告! 

 

オススメ

 

 ・有实力的人不会藏着掖着(=実力がある方は秘密なんてない)

 

文化・習慣

 

 ・海外生活をするとは… 

 

出産・育児

 

 ・中国上海 月子中心(=産後ケアセンター) 

 

 

 ・明日への動力

 

思索

 

 ・決意新たに!

 

台湾

 

 ・キーパーソンから、台湾の歴史を学ぶ 

 

 

 ・『蜻蛉日記』その1

 ・『蜻蛉日記』その2

 ・『蜻蛉日記』その3

 ・『蜻蛉日記』その4

 ・『蜻蛉日記』その5

 ・『蜻蛉日記』その6

 ・『蜻蛉日記』その7

 ・『蜻蛉日記』その8

 ・『蜻蛉日記』その9

 

月別記事一覧

  

 ・2018年 所感&記事一覧 

 ・2019年 所感&記事一覧 

 ・2020年1月~4月 所感&記事一覧

 ・2020年5月 所感&記事一覧 

 ・2020年6~7月 所感&記事一覧 

 

本日で8月も最終日。

私は予知能力者ではありませんが、これからはよりシンプルで、

いい意味で臨機応変に今までの価値観を、見直せたものが、

強くなり、生き残っていく時代のような気がしています。

 

夏の暑い中、太陽にまっすぐ向かって咲くひまわり。

厳しい環境の中でも、自分の欲しいものにまっすぐ向き合えたものが、

大きな花を咲かせる気がします。

f:id:chachan-china:20200830214336p:plain

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。