ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


「参加上限人数がある申し込みフォーム」を手軽に作成!

先日ご案内いたしました「中国語発音座談会」は、両日共に満員御礼。

誠にありがとうございます。

 

こちら、お申込みをいただくにあたり、参加上限人数になれば、

自然と受付を締め切るような「申し込みフォーム」がないかどうかを調べてみました。

なかには「リザーブストック」を利用されていらっしゃる方も多いですが、

以前1回目の設定が面倒だとお伺いしたこともあり、簡単な方法を模索していました。

 

その結果、今回Googleフォームを使用した方法を、ご紹介したいと思います。

 

1.Googleにログインし、ドライブにアクセスする

 

f:id:chachan-china:20200511103107p:plain

 

 

2.Googleフォームを開く

 

 左上の「新規」ボタン→「その他」→「Googleフォーム」

f:id:chachan-china:20200511103354p:plain

 

 

3.タイトルを入力する

 

「無題のフォーム」にタイトルを入力

f:id:chachan-china:20200511103706p:plain
 

 

4.記述質問を記入

 

「無題の質問」の欄に、質問を記入。ここでは「ご氏名」

f:id:chachan-china:20200511103856p:plain

 

 

5.質問タイプを選択する(記述式)
  • 記述式
  • 段落
  • ラジオボタン(=選択式)
  • チェックボタン(=複数回答あり)
  • プルダウン

f:id:chachan-china:20200511104248p:plain

 

今回はご記入いただくため、「記述式」を選択

f:id:chachan-china:20200511121950p:plain

 

 

6.必須項目

 

必ずご記入いただきたい場合は、「 必須」にチェックを入れる

f:id:chachan-china:20200511122427p:plain

 

 

7.質問項目を増やす

 

右側の「追加」ボタンをクリック 

f:id:chachan-china:20200511122539p:plain

 

質問項目の欄が追加

f:id:chachan-china:20200511122709p:plain

 

万が一、追加を誤ってしまった場合は「削除ボタン」で削除

f:id:chachan-china:20200511123118p:plain

 

 

8.質問タイプを選択する(選択式)

 

選択式の「ラジオタイプ」を選択。選択項目も併せて記入。

f:id:chachan-china:20200511123442p:plain

 

 

9.メールアドレスを収集する

 

イベント情報などをお送りするために、メールアドレスが必要な際は、

下記の2点より、記入を促すフォームを作成することが可能。

 

その1

右上「設定」ボタンをクリック。

「全般」の項目、「メールアドレスを収集する」にチェックを入れる。

f:id:chachan-china:20200511124042p:plain

 

その2

右上「送信」ボタンをクリック。

「メールアドレスを収集する」にチェックを入れる。

f:id:chachan-china:20200511124308p:plain

 

質問項目の最上位に、メールアドレスの入力欄ができたことを確認

f:id:chachan-china:20200511124535p:plain

 

 

10.お申込みがあれば、メール通知を受け取る設定をする

 

お申込みがあれば(新規入力があれば)、通知を受け取れるように設定する。

まず「質問」と「回答」の欄で、「回答」を選択。

その後、右側の「…(表示は縦に点3つ)」をクリック

f:id:chachan-china:20200617093940p:plain



「新しい回答についてのメール通知を受け取る」をクリックし、チェックを入れる。

f:id:chachan-china:20200617093952p:plain

 

「新しい回答」を受け取った場合、メールで案内が受け取れる。

f:id:chachan-china:20200617094242p:plain

 

 

11.参加人数上限に達した時の、お詫び文言を設定する

 

 画面上の「回答」を選択

f:id:chachan-china:20200511132717p:plain

 

「回答を受付中」をオフにする

f:id:chachan-china:20200511132801p:plain

 

お詫び文言を入力

f:id:chachan-china:20200511133012p:plain


「回答を受付中」に戻す

f:id:chachan-china:20200511133111p:plain

 

「申し込みフォーム」が完成。

次に上限人数に達すれば、自然と申し込みができないように設定する

 

 

12.参加人数上限の設定をする(スクリプトエディタ)

 

(※下記の操作は、Chromeをお使いください。Microsoft Edgeでは設定がうまくいきません)

「送信」ボタン隣の「その他」から、「スクリプトエディタ」を選択

f:id:chachan-china:20200511124838p:plain

 

スクリプトエディタにスクリプトを記述 

赤色囲みの、初期値に入力されているデータを全て削除

f:id:chachan-china:20200511125318p:plain

 

f:id:chachan-china:20200511135614p:plain

 

下記のスクリプトを、コピー&ペーストする

function endFormCheck() {
  var LIMIT_COUNT = 50; 

  var form = FormApp.getActiveForm();
  if (form.getResponses().length >= LIMIT_COUNT) {
    form.setAcceptingResponses(false);
  }
}

 

下記のように入力

f:id:chachan-china:20200511125757p:plain

 

上限人数を設定する。今回は5名のため、「5」を半角数字で入力

f:id:chachan-china:20200511130005p:plain

 

 

13.デバッグする

 

「保存」ボタンをクリック

Edit Project Nameはご自身が分かりやすい、任意のお名前で。

f:id:chachan-china:20200511130315p:plain

 

「実行」→「関数をデバッグ」→「endFormCheck」

f:id:chachan-china:20200511130632p:plain

 

下記の表示が出た場合は、「許可を確認」をクリック

f:id:chachan-china:20200511130814p:plain

 

 

14.トリガーを設定する

 

「編集」→「現在のプロジェクトのトリガー」

f:id:chachan-china:20200511130955p:plain

 

画面右下「トリガーを追加」をクリック

f:id:chachan-china:20200511131109p:plain

 

各項目事項を確認

  • 実行する関数を選択 →「endFormCheck」
  • イベントのソースを選択 →「フォームから」
  • イベントの種類を選択 →「フォーム送信時」

f:id:chachan-china:20200511131218p:plain

 

スクロールをして「保存」をクリック

f:id:chachan-china:20200511131852p:plain

 

 

簡易URLを取得する

 

共有URLが長いと感じる場合、短縮バージョンを選択できる

「送信」→「リンクボタン」→「URLを短縮」にチェックを入れる

f:id:chachan-china:20200511133348p:plain

 

これらの設定で、Googleフォームからでも手軽に参加上限設定がある

申し込みフォームが作成できます。

 

オンラインイベントやオンライン飲み会などが多くなった今、

この情報がお役に立てると幸いです。

 

https://cocono-design.com/20200117-1/721/さんのサイトを参考に

させていただきました。誠にありがとうございました。)

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。