ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


【食べ物紹介】中国市販パン(食パン、餡入りパイ、あんパン、緑豆パン)

10月の国慶節も「ようやく」というか「まだ」というか、今日で折り返し地点である。

このところ更新が滞っているのは、以前にブログで記事にもなったように、

先日は35名の親戚の団欒などがあり、家族サービスに奔放中であるからだ。
  

さらに我が子より10か月幼い従兄弟のミンミンが、想像以上に“ワンパク”で、

義弟夫婦が到着するまでの約3日間、離乳食は毎食ひっくり返され、

我が子の本をほぼ破り、我が子に乗りかかっては自分が泣き、かなり手を焼いた。

食べる時間もなく、二人の幼子に挟まれ逆川の字になって眠り、

そのためこの何年と、できたことのない口内炎を3つを引きさげ、

「やっぱり歳は確実に重ねているな…」と思ったりしている。

 

そんな忙しい時に、少し小腹に入れるのが便利な市販のパン。

中国人も「海归(=海外帰りの人)」が増えたり、外国人数の増加に伴い、

パンを口にする人数が圧倒的に増え、美味しくなってきた。

そこで今日はパン屋さんのパンではなく、スーパーなどで市販されているパンを

紹介したいと思う。

 

まずはどこかで見たような、超熟パンではなく、 醇熟食パン(6.5元=111円)

このシリーズは全麦タイプもあり、そちらは7元。

以前のようなパサパサ感はなく、しっとりとしている。8枚切り。

f:id:chachan-china:20180927133850j:plain

 

軽食にもってこいなのが、餡入りパイ(3.5元=60円)。絶賛売出し中!

f:id:chachan-china:20180927134058j:plain f:id:chachan-china:20180927134412j:plain

餡が少なめだから、この値段なのか? 

でも味はなかなかのもので、食感も悪くない。なにより私には餡少なめがうれしい。

 

義両親が好きな、左のあんパン(5.5元=94円)と、右の緑豆パン(6元=102円)

f:id:chachan-china:20180927134502j:plain f:id:chachan-china:20180927134506j:plain

右の緑豆の方には、きちんと「緑豆餡」と書かれているので、

ご購入の際は、お間違えなく!

f:id:chachan-china:20180927134634j:plain

 

中身も比べてみると、当然のごとく緑豆餡の方が色が薄い。

f:id:chachan-china:20180927134854j:plain f:id:chachan-china:20180927134900j:plain

f:id:chachan-china:20180927134917j:plain f:id:chachan-china:20180927134926j:plain

       あんパン               緑豆パン

 

あと、味はコッペパンと言うべきだろうか。義両親もパンと言えば、

これを思い浮かべるようだ。「老面包(=昔ながらのパン)」5元(=85円)

f:id:chachan-china:20180927135511j:plain

 

国慶節前に瀋陽にお越しになった際、新幹線の中で食べようと購入したが、

カップラーメンに負けてしまい、鞄に入ったままになったらしい。

せっかくなので1枚撮らせてもらった。

 

留学当初の市販のパンと言えば、添加物や防腐剤、砂糖をふんだんに使い、

賞味期限が1か月、食べても甘い味しかしない、パサパサというものが

大半を占めていたが、今では賞味期限も短くなり、食感もしっとりとなった。

でも、もしもう少しわがままをいえるならば、やはりどのパンもかなり甘い

 

口内炎をいたわりながらの市販のパンも、なかなか乙で、噛めば噛むほど

「家族サービスの味」がする、気がする(笑)。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。