ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


【食べ物紹介】西安凉皮&肉夹馍(リャンピー&西安バーガー)

今日の瀋陽はいつもより少し暖かい。と言っても、マイナスの世界だが…(笑)

f:id:chachan-china:20190104131215j:plain

そこで商談も早く終了したしで、プロジェクトメンバーと早めのランチ。

久しぶりに「あれ」を食べに!

 

その名は、凉皮(=リャンピー)。

兵馬俑で有名な陜西省、特に西安あたりで有名な麺料理。

ちなみに麺は米粉で作られているため、モチモチしている。

西安の味はラー油の辛さと、黒酢の酸っぱさが絶妙なハーモニーを醸し出す美味。

他の地方のものは、砂糖や胡麻ダレなどの調味料が足されるが、私はシンプルな西安テイストが

一番美味しいと思う。

(ただ、西安を離れるとこの味はなかなか再現されていないのが残念。)

 

また麺も西安の凉面は日本香川県のうどんのような、こしがありプリッとしていて、

断面が正方形の形状だが、他の地域の凉面は名古屋のきしめんのような感じである。

固麺好きの私からすると西安の麺がやはり好きで、他の地域のものは残念感がある。

(※名古屋のきしめんは好きである。)

 

前置きが長くなってしまった。

それでは早速、凉面さんに登場してもらいましょう~。どうぞ!

f:id:chachan-china:20190104125741j:plain

まだまだ「きしめん」感は残っているものの、瀋陽の中では一番おいしい凉面だと思う。

 

ちなみに右上は肉夹馍。「中国式ハンバーガー」や「西安バーガー」と呼ばれているようだ。

バンズ(と言っていいのかは疑問だが)は、最近柔らかいものも出てきたが、

西安のものは固め。パサパサ感があるが、そこは中に挟まれた肉汁を吸うことによって、

美味しく進化する。

 

気になるお値段は…。

今日はボスの奢りだったので、プライスレス。

目安としては合計で15元~20元(≒240円~320円)

 

余談だが。

凉皮は夏に食べるのがベスト。感覚として日本の冷麺のような感じである。

今日はたまたま暖かめだったので食べたが、隣のお客さんのフーフーしながら啜っている

アツアツのラーメンが恋しかったことは、ここだけの秘密にしておこう。

だってボスが食べたくて、なおかつボスの奢りだから(笑)

 

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。