ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


体もメンテナンス

11月1日、日本に一時帰国してから、病院の待ちあい室で時間を多く過ごしている。

  • 人間ドック
  • 婦人科検診
  • 歯周病検査

40歳になり市からの補助もあり、また妻として、母としてやはり体が資本となるため、検査している。

 

これらの検査として、すべて未来の私に向けてのものだ。しかし今回の帰国中、予想外だったのが、

  • 左側上の親知らずを抜く
  • 蓄膿

まず親知らずに関しては、今年だけで下側の左右を合わせ3本目。

もう、まな板の鯉状態も慣れたもの。覚悟も「1,2,3」でできてしまう。

今回は上側ということもあり、麻酔をしたあと、「ポン」という音が聞こえそうなほど、

簡単に抜いてくれた。

痛み止めを飲むこともなく、腫れることもなく、なんなく過ごすことができた。

 

そして思いのほかてこずっているのが、蓄膿

9月末ごろから風邪をひき、 長引いていた。さらに瀋陽の秋は非常に乾燥しているので、

ずっと鼻水がズルズルとしていた。

 

一時帰国後約1週間、一晩眠れない程の頭痛に悩まされる。

風邪だと思ったので内科に行くと、診療が終わった後、再度診察室に呼ばれる。心臓が高鳴る。

「急ぎはしなくていいけれど、蓄膿かもしれないので、耳鼻科に行くことをお勧めします」とのこと。

月末には中国に戻るので、次の日、早速耳鼻科へ。

レントゲンを撮られたあと、医師から伝えられたのは、やはり軽度の「蓄膿」だった。

どうやら風邪が長引くと、蓄膿にもなるとのこと。知らなかった。

 

この蓄膿が厄介者で、頭がボーとしたり、頭痛に悩まされたり、肩こりが酷かったり。

さらには42度のお風呂に浸かっていても、まだ寒気がするほどの悪寒に悩まされる。

 

蓄膿には鼻洗浄が有効的なのだが、処方された洗浄液がどうも合わない。

洗浄するたびに、水泳のクイックターンを失敗したような、鼻の奥に「ツーン」という痛みが走る。

国語学習の同志から、鼻洗浄についていろいろとアドバイスをいただいたりして、挑戦するも

まだ「自分の」食塩洗浄液の濃度に出会えていないのか、とにかく鼻洗浄は苦痛の時間なのだ。

 

今まで「丈夫な体だけが自慢」だったのに、ここにきていろいろとメンテナンスが必要なようだ。

好きで行った中国だが、やはり異国で生活しているのは、知らず知らずに体に負担をかけているのだと

改めて思わされる一時帰国である。

 

今週末は中国語検定試験本番。

せめてこのもやもやした頭の状態だけでも、解放してほしいものだ。

f:id:chachan-china:20181122161417j:plain

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。