ちゃーちゃん@中国瀋陽

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?

あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


新型コロナワクチン接種@瀋陽

今年2月、義弟夫婦は医療関係者とあり、真っ先にコロナワクチン接種を受けた。

あれから遅れること約1か月、3月末に私たちの団地にも接種の案内がきた。

申し込みはQRコードをスキャンし、必要事項を入力するのだが、

私は案の定「身分証番号」で躓き、電話で追い合わせてみると、

外国人でも可能とのこと。

 

後日、窓口に申し込みに行くと

 

登録には「パスポートのコピーを残しておいて」と言われ、さすがにそれは…、と

今回はとりあえず様子をみることにした。

 

そしてついに5月10日、団地内の掲示板に張り出された通知。

f:id:chachan-china:20210514164950j:plain

 

印刷されてあるQRコードを読み取りWechat内のグループに加入すると

通知を受け取ることができることが、記載されている。

 

そして5月12日、私たちの団地は9時から接種されるとの通知が来た。

その日、8時過ぎに小雨が降ってきた。

おそらく接種を希望する人で、あふれかえるであろうことを予測し、

雨で他の方が躊躇しているだろう機会を狙い、主人に早く現地に到着するように促す。

主人は8時10分には、接種場所に到着。

(私は今回接種できなかったため、自宅にて主人の帰りを待つ)

 

そして約10時ごろ接種が無事終了し、経過観察の30分に入ったことを伝える

Wechatを受け取った。

 

主人曰く、雨が上がった8時半ごろから、急に人数が増えだし今は人だかり。

早く来てよかったとのこと。

注射自体に痛みは感じず、また思う程の混雑もなく無事終了だったようだ。

※動画は順番待ち状況、接種現場、ワクチン会社をご覧いただけます

 

30分の経過観察時間を過ぎ、家に戻ってきた主人。

接種をされた方の中には、発熱などを伴う方もいるようだが、

いたって元気に過ごしてくれているのが、何よりも嬉しい。

 

また始めの通知では59歳までとのことだったが、

今回の通知を見ると75歳までになっていた。

f:id:chachan-china:20210514210442j:plain

 

私はまだ接種していないが、昨日安徽省で国内感染者が確認されたニュースを見ると

やはり新型コロナとの戦いは、まだまだ終わっていないと気づかされる。

ワクチン接種も進み、感染者もここ数週出ていなかったため、

多くの人が顎マスク、あるいはマスクを着用しないなど、

気持ちが緩み始めているのも否めない。

ここにきて、もう一度しっかりと対策しなければと思う。

 

そして日本や中国を始め、世界中の新型コロナが早く終息することを心から願っている。