ちゃーちゃん@中国瀋陽

オンライン中国語講師、「発音を見える化する」発音トレーナー

◆スポンサーリンク◆


【イベント告知】アフリカ・ルワンダ発!日本の子どもたちへ

以前、ブログ企画の『情熱中国』に9人目のゲストとして、ご参加くださった

作文指導講師のはーもりこさん。

 ・情熱中国(9-1)【はーもりこさん・作文指導講師】

 ・情熱中国(9-2)【はーもりこさん・作文指導講師】

 ・情熱中国(9-3)【はーもりこさん・作文指導講師】

 

そのはーもりこさんが、とても素敵な企画を開催されます。

【ようこそ先輩】みたいなかたちで、これから作文教室の子どもさん向けに、その道のプロというか、活躍されてる方々をお招きして講演してもらうような場を作りたいなぁと思っています。

 

今回のゲストは、はーもりこさんの大学の先輩、山田美緒さん。

『アフリカ・ルワンダ発!日本の子どもたちへ

~冒険と学びのオンライン授業「家から開け!世界の扉」~』と題され、

5月30日(土)日本時間16時~17時、Zoomお話会を開催されるそうです。

 ・アフリカ・ルワンダ発!日本の子どもたちへ~冒険と学びのオンライン授業「家から開け!世界の扉」 | 元・広州駐妻★はーもりこの日々奮闘記録

 

f:id:chachan-china:20200519125551j:plain

 

田舎育ちの私には、幼い頃周りに“外国”を感じられるものは、ありませんでした。

そんな中、ちょうど夕方再放送された『奥様は魔女』や『Tom and Jerry』を通して

見える“外国”に、非常に強い憧れを抱きました。

 

そのとても遠い存在を初めて身近に感じたのは、中学1年生も終わりの頃。

1日だけ来てくださったELT(=EnglishLanguageTeacher)でした。

 

そんな“外国”を語ってくれる方が、もっと近くに居てくれたなら…

これだけ国際化と言われる中で、それでも「英語一辺倒」が

まだまだ根強い(田舎)社会で、他の言語について語ってくれる大人が居てくれたら…

 

今振り返れば、幼い私がずっと探し求めていた存在でした。

 

あれから30年程経った今、オンラインと言う便利なツールがあります。

どこに居ても、画面の向こう側から、“外国”を語ってくれる方がいらっしゃいます。

そんなチャンスを、ぜひ子供さんにGiftとして届けていただきたい、

その思いでいっぱいです。

 

詳細、及び申し込みは、はーもりこさんのブログから!