ちゃーちゃん@中国瀋陽

オンライン中国語講師、「発音を見える化する」発音トレーナー

◆スポンサーリンク◆


手紙

先日のお話。

体調が悪く、3時ごろに帰宅した主人。

とはいえ、仕事は体調など考慮してくれることもなく、

ベッドにもたれかかりながら、取引先に電話をしていた。

 

ちょうど幼稚園のお迎えの時間が来たため、電話をする主人を横目に家を出て、

その足で子供マッサージへ。

なんだかんだで6時頃帰宅すると、主人が我が子の帰りを玄関で手を広げて待っていた。

しかし我が子は(恥ずかしい思いもあり)、主人とは反対方向に走り出し

主人の呼びかけにも無視。

 

これは毎回のことで、ショックを受けていた主人。

しかし、いつもは「パパ、寂しいなぁ」と言って終わりなのだが、

なんせ体調が悪く、私がお迎えに行っている間に取引先とひと悶着あったこともあり、

怒りスイッチがオンになってしまった。

 

「お前がそういう態度なら、パパも同じことをするぞ!」と言って、

寝室に閉じこもった。

我が子は部屋の外から「パパ。ごめんね」と呼びかけても、中から声は聞こえず、

おまけにドアは、鍵をかけてある様子。

 

我が子は私のところに助けを求めに来るも、

「いつもそうやってパパの心を傷つけていたんだよ。

自分でどうすればパパが出てきてくれるか、

『ごめんなさい』という詫びを受け入れてくれるか、考えてごらん。

大丈夫、きっとできるから」と言って、少し突き放した。

 

始めはドアをドンドンと叩き、大声で「パパ、ごめん」と言っていたが

主人も一向に反応せず。

(キッチンからWechatで「もうそろそろいいんじゃない?」とメッセージを送るも、

「無視される悲しみを少し感じてもらいたいんだ」とのこと。

もう少し様子を見守ったほうがいいかなと思い、キッチンで夕食の準備をしていた)

 

我が子の泣き声が聞こえなくなったと思い、キッチンから静かに様子を見に行くと…

 


 

我が子が何をしていたかの前に、少し補足説明がある。

 

私は我が子とは日本語で話すため、中国語に接する量はクラスメイトと比べると

かなり少なめである。

そのため、我が子の中国語レベルを上げようと、

我が家は家じゅう至るところに、「ラベル」を張ってある。

f:id:chachan-china:20210410223638j:plain

 

我が子は、この椅子の前に座り込み、必死に“爸爸”という漢字を見ながら

手紙を書いていた! 私に気が付くと、

「ちゃーちゃん、”对不起”ってここに書いて欲しい」と“爸爸”と書いた下を指さしたが

「自分で書いた方が、気持ちが伝わるよ」と、別の紙に“对不起”と書いて渡した。

f:id:chachan-china:20210410224112j:plain

 

そして気持ちを一生懸命込めて、初めて書いた手紙がこちら。

f:id:chachan-china:20210410224215j:plain

 

さすがにこれには参った。

誰に言われたわけでもないのに、『詫び状』で気持ちを伝えようとし

さらに今まで書いたことのない“爸爸”という漢字が、”椅子”に貼ってあることを思い出し

見よう見まねで書こうとしたその発想に、正直私もびっくりした。

 

ドアの前まで我が子と一緒に行き、パパに二人で渡したいものがあることを

必死に訴えると、パパもようやく鍵を開けてくれた。

“爸爸,对不起”と言いながら、渡した手紙。主人も涙を流していた。

 

今回のことで子供は私たち親が思っている以上に、私たちのことをよく見ており

私たちが思っているよりはるかに、駆け足で成長しているのだと知った。