ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


『手帳とフセンで簡単・的確にスケジュールが整理できる3ステップ時間管理術』を読んで、時間管理を可視化してみた

完璧主義の私は、以前、特に結婚するまでは「身を削る」という言い方が当てはまるような

時間の使い方をしていた。

例えば覚えられるまで眠らない、達成するまで趣味はお預けという具合である。

しかし今は家族がいるため、すべてを自分軸で動かすわけにはいかない。

特に我が子はまだまだ、「ママ」が必要な年齢である。

 

8月からブログも始め、9月からプロジェクトが本格的に稼働し、そろそろ時間管理を

真剣に考えなければ、「来年合格を目指す中国語検定1級の学習時間が取れない」と、

危機感を募らせていたところに、素晴らしい方々の粋な計らいで、素敵な本に巡りあえた。

 

そのお一方とは著書の作者、酒井秀介氏。

「稼げる通訳者(カセツウ)を育成する“唯一”のビジネススクール」の代表である。

もうお一方とは「やる気を育てる通訳学校(やる通)」のリーダー、小島温子氏である。

そして書籍とは『手帳とフセンで簡単・的確にスケジュールが整理できる3ステップ時間管理術』

f:id:chachan-china:20181109204040j:plain

 

以前、酒井氏が司会をされた座談会に参加をしたことがあり、スピーカーの「核」となるその人にしか

話せない話しをうまく引き出している姿を拝見し、一気に酒井ワールドに引き込まれたことがあった。

その酒井氏を象徴するかのように、書籍は簡潔明瞭に記載されており、一気に読み進めることができた。

 

内容は主に、ビジネスマンをターゲットにした時間管理術であるが、

プロジェクト単位で活動する私にも、十分応用できるのでは? と思える内容のため、

準備されている時間管理術シートを使って、私なりにスケジュールの可視化を

一度試みることにした。

 

まず、今の私が「やりたいorしなければならないこと」の中で、何が「緊急度・高&MUST」なのか、

逆に何が「緊急度・低&WISH」なのかを、グラフに書きだしてみた。

その時にポイントとなるのが「ポスト・イット」。その理由はぜひ、書籍でお確かめいただきたい。

f:id:chachan-china:20181109210556j:plain

これを書き出すことにより、自分の頭の中で「あれも、これも」と焦っていた気持ちが、

随分落ち着いていくことが分かった。当たり前だが、物事には優先順位があるのだ。

それを可視化し確認するだけでも、自分が「今」向かう方向、取り組むべきことが明らかになる。

 

そのあと、毎日のスケジュールに「緊急度・高&MUST」の事柄をメインで組み込んでいく。

f:id:chachan-china:20181109211758j:plain

  • 赤色 私のスケジュール
  • 青色 我が子(&私)のスケジュール
  • 黒色 仕事(日本一時帰国中は両親の農園を手伝うこと)

この上記3色の変更不可スケジュールを、まず書き出す。

また「中国語検定の学習」も今は外せない重要スケジュールのため、我が子が寝た後の

22時から24時まで時間を割くことにした。

そこにスケジュールの空いた隙間時間に、ポスト・イットで変動可能なタスクを埋めていく。

黄色の囲みは、まだスケジュールが決まってはないが、確実に時間を割かなければならない

スケジュール予備軍である。

 


 

書籍ではここからさらに踏み込んで、確実にタスクをこなしていく方法が細かく書かれており

この方法を確実に実施し、スケジュールとタスクを完了していけば、今のように忙しさにかまけて、

ただただ“無駄に”時間を過ごしてしまうことは無くなっていくのではないかと思え、

次の日に早速、来年の手帳を見に行った。

 

ちなみに、来年にかけての 「緊急度・高&MUST」事項は、上記の画像の中の項目以外にも

(お見せできないが)たくさんある。だがベスト3の一つはやはりなんと言っても、

中国語検定1級合格であることを(くどいことは重々承知だが)、高らかに宣言しておきたい(笑)

 

最後に、ビジネスマンはもちろんのこと私のように育児に追われ、自分の時間が持てないと

半ばあきらめていらっしゃる方々にも、ぜひ一度手にしていただきたい書籍である。

きっと私が体験したように「時間管理のヒントが、たくさん散りばめられている」と感じ、

さらに時間管理が苦手とおっしゃる方でも、「これなら私にもできるかも!」と

行動し始めたくなると、思えてならない。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。