ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


中国瀋陽、幼稚園のネット授業

振り返ってみると、今日で57日目になる。

この数字は、我が子のネット授業が始まり、提出した日数である。

土日と中国の祝日は授業がないが、初日から一日も休まず、よく頑張ってきたと思う。

f:id:chachan-china:20200422152223j:plain

 

内容は唐詩や手遊び、体操やスポーツ(例えば「ケンケンパー」)、科学実験、

歌やお絵かき、絵本の読み聞かせや言葉遊びなどと、非常に幅広い。

f:id:chachan-china:20200422152506j:plain

 

時間としては1分~5分ほどの動画が、午前10時と午後2時半に2本ずつ、

毎日合計4本が、Wechatのクラスメイトのグループチャットに送られてくる。 

 

 

取り組んでいる様子を動画で撮影し、Wechatの朋友圈(=タイムライン)か

グループチャット内で発表するかで、宿題提出とみなされる。

 

正直、先生方も休園期間がこれほど長くなるとは、予想していなかったのだろう。

このネット授業が始まった頃には、

「15日間提出できたら、ご褒美を用意しておくからね」とのことだった。

 

始めの頃は25人のクラスメイトは、先を競って提出をした。

しかしその約束があったからだろうか、15日間を過ぎたあたりから、

1人、2人と少なくなっていき、今では3人程になっている。

 

宿題のレベルはどうであれ、毎日続けることが大切と

子供と一緒に、毎日取り組んでいる。

 

そんな中、子供が一番喜んで取り組んだのは、こちらの実験。

 

(動画は先生に公開許可をいただきました。ありがとうございます。)

 

 「シャボン玉」の実験。

台所用洗剤と水でシャボン玉液を作るのだが、それに「砂糖」を加えると

さらに大きなシャボン玉ができる、そのやり方と原理を説明している。

 

この実験を、子供は非常に喜び、満面の笑みで声を出して笑いながら、

何度も何度も繰り返して取り組んだ。

子供の笑い声が、最近のコロナウイルスの状況で、

すっかりすさんでいた心を、一気に解きほぐしてくれた。

 

先日ラジオを聞いていると、同じようなことを言っていた。

子供の笑い声は、脳を刺激し、ポジティブで、想像力を掻き立てるパワーがあり

そのため文豪と言われる作家たちは、そろって小学校の近くに住みたがったそうだ。

 

確かにそうだと思う。

子供の無邪気の笑い声に、コロナ状況の中、何度心が救われたことか…。

 

“普通”の生活ができない今、どうしてもストレスの矛先が子供に向かいがちだが

子供と一緒に思いっきり遊び、笑い声を聞くことで、

本当は私自身がが、一番救われているという事実。

 

テレワークでパソコンに向かっている時間を減らし、子供と一緒の時間を大切にしよう。

子供が笑う。自然と私も笑顔になる。

そうすれば、家族みんながきっと幸せな気分になるはずだから。


「もらい笑い注意」赤ちゃんの最高におもしろ笑い声! 思わずに笑っちゃう #2

 


 

今回ご紹介した「ネット授業」は、あくまでも我が子のこども園でのことで、

こども園のレベル(価格)に応じ、色々な方法があるようです。

中国のこども園は、通常1クラスに担任、副担任と補助要員として

3名の先生が担当してくださるが、バイリンガル幼稚園として

副担任が英語ネイティブというようなこども園は、

1か月の保育料が7000元~1万元(≒10万6000円~15万2000円)と高額だけあり、

オンラインレッスンを行っているようです。

 

“停学不停课(=休学だが、授業は継続)”を合言葉に、

ネットを駆使し、こんな状況でも学び続けている中国の教育機関

この精神から、私も学ぶべきことがたくさんありました。

「こんなときだからこそ、私もオンラインで中国語関連の何かができないだろうか…。」

そんなことを思い、日々模索している最中です。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。