ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


SC神戸中国語スクール 森川寛先生による「中国語発音クリニック・上級編(No,1)」

2019年が幕開け間もない頃、主人から中国語の発音について「ドカン」と大砲を

撃ち込まれたことは、今までのブログでもお伝えしてきました。

そして発音恐怖症にかかり、「中国語をあきらめよう」とまで自分を追いつめていたことも。

 ・実は最近、中国語をあきらめようかと思っていた話 

このブログ記事をご覧いただいた後、いろんな方が発音矯正について

愛の手を差し伸べてくださいました。

そのお一人が、山岡義則さん。

私を妹のようだとおっしゃってくださるり、中国語だけでなく人生においても、

色々なアドバイスをくださる方です。

 ・中国のおみやげ | SC神戸中国語スクール 京都校

 

その山岡さんのお計らいで、SC神戸中国語スクール代表の森川寛先生の夏休み特別企画、

オンラインによる「中国語発音クリニック 上級編」にご参加させていただけることとなりました。

f:id:chachan-china:20190803073632p:plain

http://www.sc-kobe.com

 

そして昨夜、発表された告知がこちら!

(画面をクリックされると、Youtubeに切り替わりレッスンをご覧いただけます。

中国からご覧の方は、VPNでの接続をお願いします。)

発音クリニック動画 第1回

夏休み特別企画!

オンラインによる「中国語発音クリニック 上級編」を公開。

2週に渡って録画された動画を、今日から4回に分けてアップしていきます。

第1回は序章として“n・ng”を中心に進められています。

今回の企画は“老朋友”の山岡氏の発案です。
快く収録に協力してくださった‘ちゃーちゃん’さんも山岡氏の紹介です。

お二人に心からお礼申し上げます。

私の音読も最後にちょっと入っていますよ。

#中国語 #発音 #矯正

 

全編4回構成で、昨日はその第1回目でした。

私も例に違わず日本人が不得意とする「n・ng」について、

相手にその違いがきちんと届く発音方法を、伝授いただきました。

「あぁ、なるほど! そういうことだったのか!!!」と日本人だからこそ伝えられる

理論とテクニックが満載です。

 

これから第2回、第3回と続いていきますが、日本人スピーカーが陥りやすい間違った発音を

私も“きちんと”間違って発音し、それに対し森川先生が、丁寧に分かりやすく

理論とテクニックと言う2面から、矯正をしてくださっています。

どうかこの動画を通し、「(日本人発音を抜け出せない)第二のちゃーちゃん」が

生まれないことを願うばかりです。

 

森川先生のお気遣いで、動画の最終チェックとして先に動画を拝見したのですが

「まぁなんと、日本人離れしていない発音だこと!(苦笑)」

中国に生活をしながら、ここまで“ザ・日本人”という発音に、自分自身にあっぱれ!と

皮肉を込めて褒めてあげたいぐらいです。

 

ただ一番悔しいのは、実は主人の指摘があるまで、発音の問題を

それほど感じていなかった私。正直に恥を忍んではっきり申し上げたならば

「私の発音、いけてる方じゃない!」とさえ思っていた私に、懺悔の意味を込め、

その愚かさを公開したいと思います。

 

山岡さんがいつもおっしゃっている「みのるほど こうべをたれる いなほかな」のごとく

私ももっと謙虚に中国語に取り組んでいこうと、さらに思いを強めたレッスンでした。

 

この場をお借りし、山岡さん、森川先生に改めてお礼申し上げます。

本当にどうもありがとうございました。

 

SC神戸中国語スクール 森川寛先生による「中国語発音クリニック・上級編(No,2)」

SC神戸中国語スクール 森川寛先生による「中国語発音クリニック・上級編(No,3)」

SC神戸中国語スクール 森川寛先生による「中国語発音クリニック・上級編(No,4)」 

 

追記:

私自身を含め、「日本人の中国語がうまくなれば」という熱い思いがあります。

そのため今回のように、何かお役に立てるようなことがあれば、

いつでもお声掛けいただければと存じます。喜んでご協力させていただきます。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。