ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


海外生活から学ぶ 異文化コミュニケーション 新田ゆかりさんのお茶会に参加

昨夜、新田ゆかりさんのお茶会に参加。

こちらは、中国語同志のはーもりこさんがSNSでご紹介されており、

あのはーもりこさんのご紹介とあらば、絶対に間違いないと思い、

すぐに申し込みをしました。

【この3つを身に付ければあなたも海外で堂々と振る舞える!】 皆さまこんにちは! 英語コーチ&...

新田 ゆかりさんの投稿 2020年7月15日水曜日

 

  • 言葉は聞き取れているはずなのに、「笑点」が違う。
  • なかなか話の輪に入れない。
  • 会話がなぜか続いていかない。

外国語をかなり習得しても、なぜか超えられないガラスの天井を

感じられたことはないでしょうか?

ゆかりさんは英語、特にアメリカで滞在された経験を踏まえ、

下記の内容をお話しくださいました。

ちまたの英語フレーズ集や ノウハウ本からは得られない

海外生活から学んだ 生の声を聴いてみませんか?

 

なぜいろいろ聞いてくるの?

なぜあんなにマシンガントークなの?

なぜ結論から言わなきゃダメなの?

 

それらにはちゃんと 文化的背景に基づく理由があります!

 

ローコンテクスト文化→日本(多くを語らずとも通じ合える)

ハイコンテクスト文化→欧米諸国(多く話すことで通じ合える)

 

異文化コミュニケーションを支える 3つのポイントをZoomでお伝えします!

 ☆対話力の磨き方

 ☆表現力の磨き方

 ☆論理的思考力の磨き方

 

日本語、英語、中国語という3言語を比較しながら、お伺いしました。

 

欧米とアジアを比較すると、やはり大きな違いが見えてきます。

確かにその物差しでみれば、アジアは“同じ”ように見えがちで、

日本も中国も漢字文化を持ち、お箸文化もあるため

(何も言わなくても)分かり合えるのでは…、という錯覚に陥りがちです。

 

しかし漢字を例にとって見ても、同じ漢字1字でも、

日本語と中国語で同じ意味なのは49%、残り51%は違う意味です。

つまり過半数以上が、自分の知っているものとは違う意味を表します。

 

それゆえ、私が講師として中国語を伝えるとき、単純に「言葉」の部分だけでなく

文化と習慣、そして漢字にしても、その漢字そのものが持つ「核の意味」などを含め

上下や良し悪しということではなく、客観的に共通点と相違点を

しっかり伝えていかなければと、改めて心に刻みました。

 

また今は外国語と言えば、中国語という生活を送っていますが

もともと英語は大好きで、ゆかりさんの川のせせらぎのような英語の音色が心地よく

英語も再開したい、という思いが一気に湧いてきました。

 

「一流の先生は、生徒のやる気を引き出せる人。しっかり精進しなさい」と

私の中国語の恩師に、口が酸っぱくなる程注意をされた声が、脳裏に聞こえ

ゆかりさんは英語コーチとしても、一流なんだと感じました。

 

20年程前の中国は、上海という都会でも、

英語がほぼ(いや、全く)通じませんでしたが、

今は留学帰りの方も多く、特に若年層は、上手に英語を話されます。

 

中国でも中国語だけでは、追っつかなくなる時代を迎えつつあります。

きっとこのゆかりさんとの出会いは、コロナ後の何かを意味しているのでは…

そんな気持ちを抱きながら、お茶会が終了しました。

 

はーもりこさんを通じ、素敵な出会いに感謝です。

ameblo.jp

 

f:id:chachan-china:20200725153615p:plain

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。