ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?

あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


『蜻蛉日記』その13

f:id:chachan-china:20200807173323p:plain

『蜻蛉日記』 目次は、こちらをクリック

 
みをつくし先生の『蜻蛉日記』講座 その13

(※古典にご興味がおありの方、中国語学習者、日本語学習者の交流の場になれば幸いです)

 


 

〈凡例〉

・原文は、言葉の区切りが分かりやすいように、なるべく漢字を多めにします。

・現代語訳は、原文との対応関係を分かりやすくするため、若干簡潔です。

・不明瞭な部分のみ、簡単な注釈を付けます。 

蜻蛉日记(1)——序章_Ellen_新浪博客 (中国語訳参照サイト)

 

「越え侘ぶる逢(アフ)坂よりも音に聞く勿来(ナ,コソ)を固き関と知らなむ」
  • 「あなたが越えるのに苦労なさっている逢坂の関よりも、噂に聞く勿来の関のほうが、遥かに堅固だと知ってほしいものです」
  • “逢坂关难度 不及勿来关 闻似金汤固 问君可奈何(您为不能逾越的逢坂之关苦恼,却不知我是那传闻中的勿来关,恰如其名请君勿来 勿来关——常陆和陆越之间的城关,日语的发音与“勿来”谐音,向来用于拒绝对方的赠答歌中) ”

【勿来】茨城県福島県の境にあった関所。「な来(コ)そ」(来るな)を掛けて、恋歌でよく用いられます。「私は勿来の関よ。甘く見ないで!」と牽制しています(`Δ´)
【なむ】他者への希望を表します

 

など言ふ。実文(マメ,ブミ) 通(カヨ)ひ通ひて いかなる朝(アシタ)にか有りけむ
  • などと伝える。そんな真面目な手紙を何度もやりとりしているうちに、何が起こった翌朝だったかしら・・・、彼から歌が届いたの。
  • 在那个我身依然如置梦境的早晨(婚姻成立的暗示——日本平安时代为“走婚制”:傍晚以后男子潜入女子的住宅,共度一夜之后男子必须避人耳目离开,这个早晨男女互赠诗歌,以示分离之悲)*注:本节与上一节内容略有不可衔接之处,念及作品之古,脱落章节无法追究。

【実文】#10・第3列を参照
【いかなる朝にか有りけむ】兼家と初めて共寝したことを暗示しています。中国の恋愛物なら、この描写にこそ全力投入するところですが、シャイな日本人はとことん曖昧にします(^O^) 夜明けに別れた後、男がすぐに恋歌を贈る習慣がありました

 

「夕暮の流れ来る間(マ)を待つ程に涙おほゐの川とこそ成れ」。
  • 「夕暮がやって来るのを待つうちに、知らず知らず涙が多く流れて、しまいには大堰川になっちゃいそうだよ!」。
  • “苦盼垂暮 送君来归 泪滴成河 大堰之水(等待着与你再相会的傍晚的到来,不知不觉我的泪水已经流成了大堰(“大堰”日语里与“多”谐音)的河水)”。

【夕暮】日中は朝廷の仕事をして、夕暮にまた作者を訪れます。「結(ユ)ふ」と「榑(クレ*山から伐採した木)」を掛けています
【流れ】「泣かれ」(自然と泣く)を掛けています
【おほゐ】「(涙が)多い」と「大堰」を掛けています。大堰川は、京都市の西部を流れる桂川の、嵐山付近の呼び名です。そこを、 榑を紐で結って作ったイカダが流れ下るイメージが重ねられています
【こそ】前句を強調します。大望かなって上機嫌なので、なかなか凝ってますね(≧∇≦)

 

返し
  • その返歌として
  • 返歌

 

「思ふ事おほゐの川の夕暮は心にも有らず泣かれこそすれ」。 
  • 「色々と思うことの多い夕暮は、まるで大堰川を寄る辺なく漂うようで、我知らず泣けて参ります・・・」。
  • “大堰流水 暮色惆怅 念我所思 泪涤斜阳(在这对你思念重重的傍晚时分,我的心事堆积有如大堰之“多”,那斜阳也像我一样,身不由己地荡漾在泪水的河流中)”。

【泣かれ】「流れ」を掛けています。訪れを待つ不安な気持ちと、イカダが漂流するイメージが重ねられています。あんなにツンケンしてたのに、女心は複雑ですね・・・(灬ºωº灬)

   

【参考資料1】勿来の関の地図 

f:id:chachan-china:20200911130057j:plain

 

【参考資料2】大堰川の地図

f:id:chachan-china:20200911130146j:plain


【参考資料3】大堰川の様子(右手の台形の山は、"小倉百人一首"の小倉山です) 

f:id:chachan-china:20200911130244j:plain

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。