ちゃーちゃん@中国瀋陽

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?

あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


瀋陽の日常 2021/02/10(烧纸钱)

分かっています、今日は2月11日で除夕なことを。

でも昨日は疲れて、21時前には眠ってしまったので…。

 

春節清明節、七月十五、十月初一(どちらも旧暦)には、ご先祖様を思い

“纸钱”と呼ばれる、紙のお金を燃やす風習がある。

 

紙のお金は燃やすことで、あちらの世界では「本物のお金」になると言われており、

あちらの世界でお金に困らないように、という願いを届けていると聞いた。

紙のお金の種類はいろいろあり、道路の脇でも購入できる。

f:id:chachan-china:20210211062745j:plain

f:id:chachan-china:20210211062747j:plain

 

またよくご覧いただけると、交差点で行われているのがお分かりいただけると思う。

f:id:chachan-china:20210211063039j:plain

f:id:chachan-china:20210211063057j:plain

 

これは“四通八达”の思いを含んでいるらしく、袋小路のような場所では燃やさない。 

中国語ミニ講座

四通八达

[ sì tōng bā dá ]

四面八方都有路可通。形容交通方便。《子华子·晏子问党》:“其途之所出,四通而八达。”

四通八达_百度搜索

 

道が四方八方に通じている(小学館日中辞典)

 

実家は田舎であるが、だんだん昔ながらの風習がなくなりつつある。

中国も大きな変化の中で、薄れつつあるようだが

それでも受け継いでいくことの大切さも、忘れていないように思う。