ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


【自叙伝】(10)中国語の種をまく ~最終話~

【前回のあらすじ】

2年間安定の落ちこぼれ留学生。

それが3年生の担任と出会え、文法の先生にも出会え、中国語が一気に開花する。

卒業時、優秀留学生賞と優秀卒業論文賞を受賞した私は、完全に自分を見失っていた。

だがその「勘違い」こそが意外な結果に結びつく。

 

その後卒業時までトップ10を維持でき、優秀留学生賞と優秀卒業論文賞を受賞した。

自惚れていたことも、調子にのっていたこともあり、この勢いで日本帰国後、

県知事と市長に手紙を書いて郵送した。

「中国留学経験者ですが、なにかお役に立てることはないですか」と。

 

その結果、知事からは「後ほど秘書から連絡させます」というメールが届き、

数日後県の人材登録センターから、登録シートが郵送されてきた。あいにく毎回の

活動センターには車で往復2時間以上かかることもあり、丁重にお断りをした。

そして市長からは手書きで3枚にも及ぶ返信が届き、後日市長室まで招待された。

そこでボランティアではあるが、市内の小中高校に出向き教壇に立ってほしいという

ご要望をいただいた。

 

これは地域活性化のプロジェクトの一つで、特技を持つ市民を集め、その特技を生かし、

学生たちに授業をするというものだった。

私の他には英語、手話、華道・茶道、農業、アカペラ、手品、俳句など、ジャンルを問わず

様々な人材が、オリジナルの授業を行っていた。

 

またこれは、生徒はあくまでも自由参加の活動で、放課後に行われること。

そして報酬はワンコインにも満たない、ほんの心ばかりというものだった。

 

それでも私は胸を躍らせた。

そして私が中学1年生、初めて目にしたELT(=English Language Teacher)から、

海外に強い憧れを感じたように、なにか学生の心に残るようなことが伝えられればと思った。

 

初めての学校は、母校の小学校。しかも初めての授業は1、2年生。併せて20人にも満たない。 

少し前に大きなランドセルを背負い、初めて校門をくぐった生徒も半数以上。

授業ではひらがな、カタカナを必死に学習している生徒たちに、いきなり中国語の

漢字を用いた授業は、いくら何でも難度が高すぎる。

 

そこで授業はまずは「視覚」で感じるものにしようとした。

f:id:chachan-china:20190214170340j:plain

 

「この地図、いつもみんなが見ている地図と違うけど、どこが違うかな?」

「漢字ばっかり!」

 

そう言って珍しがる生徒たちに、中国語は全て漢字を用いて書き表すことを説明した。

そしてただ単に単語を覚えるような授業をしても、面白みに欠け退屈するであろうと思い、

中国語を学習していなくても知っているような「ニーハオ」「シェシェ」「ザイジェン」

(你好(=こんにちは)、谢谢(=ありがとう)、再见(=さようなら)などの

単語を一緒に発音した。

f:id:chachan-china:20190214171015j:plain

 そして、それらの単語を使いゲームのフルーツバスケットをした。

つまり通常ならばリンゴと言うところを「你好」、ミカンと言うところを「谢谢」と。

f:id:chachan-china:20190214171618j:plain

何度も同じ単語を繰り返し聞いたり、発音したりすることで「口と耳」で

中国語を体験してもらった。

 

さらに言葉だけでなく、文化にも触れてもらいたいとチャイナドレスを

男女問わず着てもらったり、私が中国でたくさん旅行した際に撮影した風景写真を

見てもらったりした。

 

授業はキラキラした目をした子供たちの、笑顔が溢れた。

私もとても幸せな時間だった。

 

その授業が好評を得て、市内の小学校、中学校、高校に授業をすることになる。

小学生でも学年が大きくなると、知的興奮を意識し、文化の部分も話しつつ中国語で

簡単な自己紹介ができるように導いた。

 

また中学生になると、自分の思春期と照らし合わせ、「外国語=英語だけではないこと」

「世界はとても大きいこと」を伝える内容にした。

 

高校では授業を割いての講演会となり、全校生徒の前で「進路」という話題を

織り交ぜながら話した。

また私自身が留学という目標(夢)を一時は見失ったが、思い続けること10年、国は違えど

その目標は叶えられたこと、願いは(たとえ形を変えたとしても)、思い続ければ

光が差し込んでくることなどを話した。

 

中国の大学院に入学するため、実際に市内学校の教壇に立てたのは半年であったが、

街中で生徒たちに出会えば「ニーハオの先生」と集まってきてくれることもあり、

本当に素晴らしい時間を過ごさせてもらった。 

 

そして昨年、「ニーハオの先生お元気ですか?」と題した、見覚えのないルアドレスの

メールを受け取り、恐る恐る開いてみると…。

 

ニーハオの先生、お元気ですか?

私は以前、先生の中国語の授業を受けた××と申します。

先生のお母様から、このメールアドレスをお伺いしました。

 

この春から大学生です。専攻は中国語です。

……(中略)

いつの日か、ニーハオの先生みたいに、私も中国語の種を植えたいです。

がんばります。 再見!

 

そこには約10年前に植えた中国語の種が、これからまさに発芽しようとしていた。

 


 

私の次の目標(夢)は、中国語の種を1粒でも多くまくこと。

このブログを始めたきっかけも、中国のことに興味を持っていただけたなら、

そしてマスコミで報道されている偏った情報、操作された情報ではない、日本人の

私の目から見える生の中国を感じていただけたら、と思ったからである。

 

人間なので合う合わない、好き嫌いがあるのは仕方ない。

今ではどっぷり中国にはまっている私でさえも、中国の大地に降り立つまでは、

中国のことを見下していた。「どうせ中国でしょ」「だから中国なんでしょ」なんてことも

普通に思っていた。

 

恐れ多くも、もし私のブログから少しでも「ん?」と、以前とは違う何かを

感じていただけたならば、本当に光栄なことだと思う。

そして「もう少し中国のことを知ってみようかな」と思われたり、あるいは

中国を知ることにより、中国語にも興味を感じていただけたならば、中国語が好きな私にとって、

「それ以上の幸せはない」と思える程、嬉しいことである。

 

2月6日から10日にわたり、駆け足で自叙伝を書いてきた。

しかし今回では取り上げられなかった、幼いころのおてんば娘、中学時代のいじめ経験、

高校時代のクラブ活動、大学時代の〇〇等、まだまだお恥ずかしい部分、思わず笑って

しまうようなエピソード、涙するような体験がたくさんあり、もちろん留学時代のお話も、

1日かかっても話しきれない程てんこ盛りである。

それらはまたこのブログで、少しずつお話しできればと思っている。

 

本日をもって自叙伝は卒業となるが、私が一度学生生活を離れ就職した後、再度留学という

かたちを以って、学生生活に戻ったように「特別編」あるいは「Part2」として、

また皆様に「自叙伝」をお話しできることがある、かも知れない。

それらをオモシロ可笑しくご覧いただけるよう、今日からまた真剣に、そして真摯に中国と

二人三脚の生活をしていきたい、そんな気持ちでいっぱいである。

 

最後になりましたが、10回にわたりご高覧いただき、誠にありがとうございました。

  


 

 この自叙伝を書くに当たり、迷っていた私の背中を押してくださった方が、お二人いらっしゃいます。たまたま小学校で教壇に立ったお話にご興味をいただけ、お話をさせていただいた後、本当に軽い気持ちで「私の自叙伝、もし書いたら読んでいただけそうですかね~」とお伺いしたところ、即答で「ぜひ、読みたいです!」と、心強くお気持ちをお聞かせくださいました。また語学コミュニティでこのやり取りをお話しした際、違う方からも投稿後すぐに「ぜひ!」とのお返事をいただき、そう言ってくださったお二人のために、と書き始めました。

 結果、本当にたくさんの方にご覧いただけることになり、大変嬉しく、また心より感謝しております。さらに私自身、中国と中国語との出会い、結びつき、そして現在に至るまでの葛藤や喜びなどを再認識でき、書き始めたあの日から今日に至るまでの約1か月間、いろんな出来事を思い出しながら、充実した時間を過ごすことができました。

 背中を押してくださいましたこのお二方には、この場をお借りいたしまして、御礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。またこのお二人は海外で生活されていることもあり、海外ならではの悩みを話せる、私の大切な大切な同志です。お一人は中国語、お一人は韓国語とそれぞれの言語を武器に、ご活躍されていらっしゃいます。お二人とも素敵なブログをお持ちですので、ぜひそちらにも、足を運んでいただければと存じます。

 

 

 明日からまた通常ブログに戻り、生の中国をお伝えしたいと思います。引き続きご愛顧いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

【自叙伝】(1)幼少期~高校入学

【自叙伝】(2)高校入学~2年生 

【自叙伝】(3)高校2年生~大学2年生 

【自叙伝】(4)大学3年生

【自叙伝】(5)就職活動

【自叙伝】(6)英語敗北宣言

【自叙伝】(7)中国への舵が切られた瞬間

【自叙伝】(8)就職時代

【自叙伝】(9)留学時代(+中国語入門、初級学習法&日本人発音講師ご紹介)

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。