ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


中国ATMの使用方法(すでに時代遅れ感は否めませんが…)

中国での支払い方法は、銀聯カードやクレジットカードはすでに遠い昔。

今や「支付宝(=アリペイ)」や「微信(=Wechat)」のQRコードで、百貨店や

スーパー、屋台でさえも商品が買える時代になった。

 

それが故に私自身もほとんど銀行に行かなくなったが、先日ふと現金が必要になり、

久しぶりにATMを利用したので、今更感は否めないがレポートしてみたいと思う。

 

ただ、以前は外国人でもパスポートさえあれば簡単にキャッシュカードを作れたのだが、

最近は審査が厳しくなり、さらに中国の携帯番号が必要との一点張りで、全く手続きを

受け付けてくれないこともあるので、この情報自体、過去のものになりつつあるのは

どうかご了承いただきたい。

 

本題に入る前に少し雑学として、中国はもともと「四大銀行」が力を持っていた。

その四行とは、中国銀行中国工商銀行中国建設銀行中国農業銀行である。

その後1986年7月24日、国務院の批准を受け新たに交通銀行が加わり、

現在「五大銀行」として機能している。

f:id:chachan-china:20190103132044p:plain

 

私個人的には交通銀行のサービスが一番親切に思い、メインバンクにしている。

f:id:chachan-china:20190103132231j:plain

日本と違い道端にATMが設置され、何のガードもなく他人から丸見えと言うところもある。

予期せぬ事態が起こる可能性は十分にあるため、やはり「ガードなしATM」は

避けられた方がベター。今回はブースに入るATMを利用した。

 

こちらが中国のATM。

f:id:chachan-china:20190103133052j:plain 

f:id:chachan-china:20190103133208j:plain

 

1.右下のカード取り出し口に、カードを挿入。

f:id:chachan-china:20190103133425j:plain f:id:chachan-china:20190103133453j:plain


2.画面に「ICカード読み取り中」と表示

f:id:chachan-china:20190103133547j:plain

 

3.暗証番号入力の指示。テンキーで6桁の暗証番号を入力

f:id:chachan-china:20190103145620j:plain f:id:chachan-china:20190103145623j:plain

 

4.「処理中。少々お待ちください」の表示

f:id:chachan-china:20190103133917j:plain

 

5.サービス内容の確認。必要サービスの隣にあるボタンを押して、内容を選択

f:id:chachan-china:20190103135252j:plain


6.(今回は「引き出し」)金額を選択、あるいは「我的设置(=カスタマイズ)」を

  選択し、金額をテンキーで入力後、「确定(=確定)」ボタンを押す。

  単位は100元単位で、1回の最高引き出し額は10000元まで

f:id:chachan-china:20190103135546j:plain


7.(今回は3000元引き出し)選択ボタンに必要な3000元がないため、

  赤丸の「我的设置」ボタンを押し、3000と入力。黄丸の枠の中の金額を確認

f:id:chachan-china:20190103140112j:plain


8.現金受け取り口が開くのを待ち、現金を受け取る

f:id:chachan-china:20190103140356j:plain f:id:chachan-china:20190103140408j:plain


9.画面表示が変わり、次のサービスの確認

f:id:chachan-china:20190103141115j:plain

ちなみに記番号とは、紙幣に印字されているアルファベットや数字のことである。

f:id:chachan-china:20190103141346j:plain (記番号が印字されたレシート)

 

11.カード取り出しボタンを押して終了

 


 

今回本当に時代遅れになってしまわないうちにと思い、ATMの使用方法を紹介した。

各銀行のATMもほとんど同じような手続き方法で、言語も英語はもちろん、

さらには日本語表示ができるATMもあるため、ご安心いただきたい。

 

しかし今の中国はとにかくQRコード払い。

まもなくやってくる春節の「紅包(=お年玉)」も、多くは電子マネーでやり取りする。

近い将来、携帯電話にその地位を奪われた電話ボックスのように、ATMを探すのも一苦労、

そんな時代が、本当にやって来るかもしれない。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。