ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


中国語音読サークル「玲瓏(りんろん)」に参加 ~『匆匆』(朱自清)~

昨日約2か月ぶりに、リンロン音読会に参加した。

先月は日本一時帰国をしていたこともありお休みしたため、久々の参加とあり、開始前は緊張した。

 

6月に初めてこの音読会を知り、参加は今回で早5回目(特別企画を合わせると7回目)となる。

  • 『目送』(龍應台)・・・・・・・散文
  • 『蝶恋花・春景』(蘇軾)・・・・宋詞
  • 『始聞秋風』(劉禹錫)・・・・・唐詩
  • 『来生書・序詩』(廖偉棠)・・・詩
  • 『雷雨ーー第二幕』(曹禺)・・・戯曲
  • 大地の子』(山崎豊子)・・・・ドラマ

散文、宋詞、詩、戯曲と少しずつ難易度も上げてきたつもりだった。

戯曲まで行けるとは思っていなかったため、心のどこかでやり切った感が存在していたため

今回の作品は何にしようかと、正直迷いに迷っていた。

 

実は毎回、主催講師の井田綾さん熊澤みどりさん、そして参加者の方々に、

私が「マジシャン」になったかのように「ハッと」するような、サプライズを感じていただけたら

と思い、作品選びもただ単純な“音読”だけで終わらないように心がけていた。

 

しかし「音読会」と言う名のごとく、今回は原点回帰をし、発音をもう一度丁寧に

矯正するための作品にしようと決意した。

と言うのも、最近こんな出来事があったからだ。

以前ブログでもご紹介した岡本悠馬さんが先日、公開発音レッスンを開催された時、

岡本さんの発音指導方法、例えば舌の位置や口の開け方など、恐れ多いが自分自身が

学んできたもの、ネイティブの音を聞いて真似たもの、実践してきたものだった。

「自分が向かっている方向は間違いではなかった」と、背中を押されたようで

非常に嬉しく、また励みになった。ただ最近は発音が甘くなっていることを自覚しており、

もう一度初心に戻り鍛えなおそうと思ったのだ。

 

また先月11月、日本一時帰国で実家で過ごしている時、中国語関連書籍が詰まった私の本棚に

大切な一冊のあの本が、中央に陣取っていた。

 

その本とは…。『朱自清散文集』

f:id:chachan-china:20181210151330j:plain

 

この本は、一昨日のブログにも登場した留学時代の3年生の担任が、“你的汉语水平,

作为留学生已经不错了。但我知道你的要求不仅于此。你多看看中国人觉得好的文章吧。”

(=君の中国語は、留学生としてすでに高いレベルだけれど、君が目指しているのは

そこではないのを分かっている。中国人が素晴らしいと思っている文章をたくさん読みなさい)

そう言って4年生になった頃差し出してくださったのが、この本だった。

 

先生への感謝の気持ちや、中国語の楽しさ、これから突破すべき課題などを思いながら、

「背影」や「荷塘月色」と並ぶ朱自清氏の傑作「匆匆」を、課題作品に選んだ。

(「匆匆」全文はこちら、音読原稿はこちらから、ダウンロードできます)

「匆匆」より

朱自清は、口語の流れるような口調の文体を称揚し、自らも朗読を意識した口語文体をいくつも書いている。その中の代表例として、1922年に書かれた「匆匆」の一部を掲げる。 「燕子去了,有再來的時候;楊柳枯了,有再青的時候;桃花謝了,有再開的時候。但是,聰明的,你告訴我,我們的日子為什麼一去不復返呢。(燕は去っても、また来る時がある。柳は枯れても、また青くなる時がある。桃の花は散っても、また咲く時がある。しかし、教えてくれ、私たちの日々はどうして一度行ったきり戻ってこないのか。)

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 

今回特に発音矯正に重きを置いたため、音読練習方法も今までとは少し違うものになった。

発音矯正練習法
  • ピンイン表を徹底的に音読、録音し、一音一音の正確性を高めた
  • ゆっくり話し音を正確に出せる方法と、自分が話せる一番早い速度で音読する方法を交互に繰り返した
  • 鏡で口の形、口の開く大きさ、舌の位置を再確認した
  • 苦手な前鼻音(/n/)と後鼻音(/ŋ/)の区別を特に注意した
  • 一音⇒二音⇒三音…⇒短文⇒段落⇒文章 ときれいな発音を保てる文字数を増やしていった
  • 中国語の発音筋肉を強化するため、音読を1時間毎日継続した。早口言葉にもチャレンジした
  • 『普通话标准测试(=標準語試験)』のテキストで、混同しやすい音を練習した。

f:id:chachan-china:20181210170930j:plain

 そして毎日、少しずつ、少しずつ積み重ねていった音読が、こちら。 

f:id:chachan-china:20181210173553j:plain   

※中国語学習者の皆さま、講師の皆さま、中国語ネイティブの皆さま

コメント欄やメールに、率直なご感想や改善点、アドバイスをお伝えいただければ幸いです。どうかご遠慮なさらず、ちゃーちゃんの中国語向上に一役かってやろうと、ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 


 

12月10日、音読会が中国時間9時から始まった。

今回はみなさんリピータ。音読会の雰囲気もご存じで、自然と話が弾む。

「普段中国や中国語の話をすると、どうしても話し相手との距離を感じてしまって…。

でもここには中国語に真摯に向き合う方がいらっしゃるので、とても楽しいです」と

参加者のお一人がおっしゃる言葉に共感しながら、自己紹介が進んでいく。

 

今回もみなさん、「今日のために読み込んでこられたな」と分かる音読が続く。

中国語の楽しさで、心が自然とワクワクする。

 

そして私の順番が回ってくる。

今回は作品の説明や、選んだ理由などを後にしていただき、まずは作品を音読した。

 

読み終わった後、講師の綾さんから「今日始めから後鼻音がキレイに出ていましたね」と

おっしゃっていただき、練習のかいがあったことへの嬉しさと、やはりいつも注意深く

私の音読に耳を傾けてくださっていることに、心から感謝をした。

 

音読会の詳細については、井田綾講師のブログにてご覧いただけます。ブログはこちら↓↓↓

https://idaaya.com/linglong20181210/

 

毎回、次回への課題と素晴らしい中国語同志に出逢える、この音読会。

この音読会に出会えたことで、今年6月から学習の中で一番苦手であった音読ときちんと向き合い、

毎日少しずつでも取り組もうと思えたこと。そして励まし合い、高めあえる仲間に出会えたことが

何よりもの収穫である。

 

この音読会を開催してくださることへの感謝を、音読の成長として示せるように、これからも

毎日きちんと積み重ねていこうと、改めて決意した。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。