ちゃーちゃん@中国

中国滞在10年以上の日本人女性から見える「生の中国」とは?



あなたの目には、中国はどのように映っていますか?

あなたが本当に知りたいことはなんですか?

影響力等は決してないですが、日本人と中国人の誤解が少しでも解ければと思って始めたブログです。



◆スポンサーリンク◆


断水。通知があるも、これがやっぱり中国だ!

災害など、緊急事態でない断水を、今まで何度経験しただろうか?

生まれてこの方、日本では約25年ほど過ごしたが、断水があったかどうかさえ、

正直思い出せない程である。

 

中国、特にこの瀋陽に引っ越ししてきてから、断水をいったい何度経験しただろうか?

正直思い出せない程である。

 

上海や江南地域は、長江と温暖湿潤気候に恵まれ、水が豊富なのに比べ

特に北京以北の北方地域、この瀋陽大陸性気候で降水量が少ないため

水不足に悩まされる。

また冬がとても厳しく、去年は平均温度がマイナス20度。

そのため道路下に埋めてある水道管も、よく破裂しては断水する。

 

断水にまだ慣れない頃、ひとたび断水になると不安になり、イライラしたものである。

しかし今となっては、蛇口をひねり水が出てこなければ

「あっ、断水か」と、まるで何もなかったかのように過ごせる。

 

人間、慣れとは怖いものだ。

 

普段は突然の断水が多く、前もっての通知はほぼない。

ただ、サービス向上中の中国。ここにきて事前告知がだんだん浸透し始めてきた。

一般的なツールはネット。「停水停電通知網」「瀋陽本地宝」などが有名。

最近では「瀋陽本地宝」のWechatバージョンもあり、随分便利になった。

f:id:chachan-china:20180823112100p:plain f:id:chachan-china:20180823112516p:plain

とはいえ、これらの情報が一番必要なのは、ネットを扱いなれていないご年配婦人。

そのため大がかりな断水は、マンションの出入り口に通知が張り出されたりする。

 

こちらが先月7月の断水通知

f:id:chachan-china:20180823113100j:plain

2018年7月3日(火)朝6時~7月4日(水)12時まで断水

つまり30時間にも及ぶ。

通常はその日のうちに終わるので、今回はかなり大掛かりだ。

 

通知に、「大規模な工事で断水時間が長いため、再開した後も、

濁った水が出るであろうから、2日分の水を準備しておくこと」とある。

 

そして、絶対に正午12時に作業は終了しないであろうことは、

普段の経験から予想がつく。

2歳の我が子。周辺のレストランは同じように断水だし、

朝は食パン等簡単に済ますにしても、昼・夜合計4食分、遠出外食は厳しい。

さらに出前は衛生面、安全面がどうも気になる。

 

さて、2日間の食事をどうするか。

 

幸い瀋陽の7月上旬の気温は、25度前後。

メニューをきちんと考慮すれば、作り置きをして冷蔵庫に入れておいても

レンジで温めれば大丈夫。

 

前夜、簡易湯船いっぱいに水をため、台所回り以外の水の使用に備える。

f:id:chachan-china:20180823120641j:plain

 

台所回りの水は圧力鍋、料理鍋、土鍋、大皿、調理用ボウル・・・、総稼働!

若干の調理用鍋を残し、水を受けられるものすべてに水を張る。

ついでに、手作り冷凍餃子や肉まんを作って備え、

豚の角煮、煮込みスープも下ごしらえをし、明日朝一でもう一度火を通す準備も完了。

 

当日は朝4時前に起き、ご飯を炊きながらお弁当、親子丼や野菜炒め等、数品追加。

午前6時前、2日間の食事の準備も完成し、あとは断水の瞬間を待つばかり。

 

6時

ためしに一度蛇口をひねってみる。

まだ水が出る。

「まぁ、まぁ、少しの時差はあるよね」と思いながら子供の寝顔を見に部屋へ。

 

7時過ぎ

主人と子供が朝食を食べ終わる。好奇心から蛇口を再度ひねってみる。まだ出る。

「せっかくだから食器も洗っておこう!」と余裕の態度。

 

7時半

 トイレに行って流してみる。まだまだ大丈夫。

「まぁ、サービス員も出勤は8時ぐらいだろうからね」とまだ余裕。

 

8時過ぎ

 なんとなく蛇口をひねってみる。全然大丈夫。

「うーん、まぁいいか。出ることには困らないし」

主人の出勤を送りがてら、子供と一緒に外遊び&お買いもの。

 

11時過ぎ

子供がお腹がすいたといい始めたので、帰宅することに。

近くの公園から、マンションの出入り口まできて、

そこで目に飛び込んできたもの、とは?

 

f:id:chachan-china:20180823122321j:plain

2018年7月4日(水)朝8時~7月5日(木)12時まで断水

 

えぇ!!!

マジックで書き換えられてますけど!!!!!

 

ビックリはするものの「まぁ、あり得るかも」と思えてしまう私。

憤りではなく、「作り置きしたおかず、どうしようかなぁ。冷凍するか・・・」

と考えていた私。

 

これが中国で生きていく、ということだ!

 

次の日。

予告通り朝8時に断水し、これまた予測通りに「翌日5日12時」には終了せず

結局、夜7時過ぎに約35時間強に及ぶ断水が、やっと無事終了。

 

5日夜、普段よりは少し遅めの夕食を家族3人でとりながら、

「今回の断水、大変だったねぇ~」を

「明日何食べたい?」と同じテンションで話す私たち。

 

もう一度言おう。

これが中国で生きていく、ということだ!(笑)

 

 


 

断水は瀋陽では日常茶飯事で、この記事を書いている時も断水し

さらに昨日午後は停電までして、ブログネタが浮かんだにも関わらず執筆できずでした。

 

瀋陽では断水は生活の一部になっており、オモシロ可笑しくブログにしましたが、

台風被害をはじめ、さまざまな災害で被害にあわれ、

不自由な生活を送っていらっしゃる方が、まだまだたくさんいらっしゃいます。

一日も早い復興をお祈りするとともに、傷つき疲れた心身が、

一刻も早く癒され、回復されることを、心より願っております。

また、蛇口をひねればすぐに水が出てくる生活が、当たり前ではないことを再認識し、

今この便利で幸せな生活を、大切に過ごしたいと思います。

◆スポンサーリンク◆


数あるブログの中から、私のブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

今日も1日、素敵な日になりますように!

 

どうか本音をお聞かせください!

ご意見、ご質問はぜひ上記のコメント欄、もしくはメールまでお願いします。